毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

オクラの生の食べ方は?生で食べた方が美味しいし栄養価がある説

スーパーの特売コーナーでは、フィリピン産のオクラ(8本入り)が100円で売られていました。オクラは国産でも180円前後、時期になるともっとお安く手に入ります。

我が家の食卓には、よくオクラを使った料理が並びます。100円で買ったフィリピン産のオクラは、ひじきと一緒に白和えにして食べました。こりこりとした歯ごたえと、ねばりがおいしいオクラは、和食、洋食、中華、エスニック料理まで、どんな料理にも使うことができます。

オクラを入れると、彩りもとてもいいですよね。

オクラを使う時は、いつもまるごと塩茹でして、冷水で冷まして使っています。表面の産毛のイガイガが気になりますし、茹でたほうが、より色が鮮やかになります。

でも、オクラと同じようにネバネバしている長いもは、生のまますり下ろしてとろろにしたり、甘酢漬けにして食べたりします。

あれ?

オクラも生で食べられるのでは?

どの野菜も熱を通すと、栄養素が壊されてしまいます。そう考えると、オクラも生で食べた方が、体にいいような気がしてきます。

そこで今回は、オクラの生の食べ方について、おいしさや栄養価まで、徹底的に検証していきます!

オクラはそもそも、生で食べられる?

ナスを生で食べたたらお腹を壊すことがある。

じゃがいもを生で食べたら、アレルギー症状が出る。

ほうれん草にはシュウ酸が含まれていて、生で食べると骨粗しょう症などの原因となってしまうなど、生で食べることで体への悪影響が認められている野菜があります。

オクラは生で食べても、体に悪い影響はないのでしょうか?

答えは、ないです!

オクラを生で食べても、体への悪影響はいっさいありません!

オクラは生で食べた方が栄養価が高いんです!

小学校や中学校の給食、病院の入院食にも、オクラを使った料理が頻繁に登場します。それくらい、オクラは栄養価が高い野菜なんです!

しかしオクラに含まれる、大事な栄養素の「ムチン」「ビオチン」は、熱を加えると外へ流れ出てしまいます。

オクラの「ネバネバ」成分ムチンには、タンパク質を分解する働きを持った酵素が含まれていて、消化・吸収を助ける効果があります。

なので、疲労回復にも期待できます。

さらに粘膜を保護する作用もあります。胃や腸の機能が高まります。目の粘膜も潤してくれるので、ドライアイなどにも効果があります。

一方、ビオチンは、ビタミンB群のひとつです。オクラは野菜の中でも飛びぬけてビオチンの含有量が多いんです。

ビオチンには三大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物) の代謝を助ける働きがあり、皮膚や髪の健康を保つ効果があります。

また、ビオチンには疲労物質の乳酸を糖質に作り変える働きがあります。この糖質はエネルギー源になるので、疲労回復にも効果があります。

生で食べることが可能なオクラだからこそ、ムチンとビオチンを効率よく摂取することができるんです。

オクラには他にも、カルシウム、食物繊維、カリウム、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2が含まれています。

カルシウムは骨を丈夫にするだけでなく、イライラを解消する効果も認められています。

食物繊維は便秘回復に効果があります。

カリウムをはじめ、ビタミンはアンチエイジング効果が期待されます。

オクラの生の食べ方は?

オクラの栄養を効率よく摂取する為には、生で食べるといいことがわかりました。

しかし、オクラはきゅうりのようにそのままかぶりつくことはできません。表面の産毛の舌触りも気になりますし、見た目にも色合いがよくありません。

でも、ちゃんと下処理をすれば、オクラは生で食べることができるんです。

さっそく、オクラの生の食べ方をご紹介します。

まず、生オクラのヘタと、ガクを取りのぞきます。ガクはピーラーを使うと、上手にとることができます。

次に、水洗いをして汚れなどをとりましょう。

キッチンペーパーなどで簡単に水気をとったら、オクラに塩をふりかけます。

まな板の上でコロコロ転がして、板ずりします。

板ずりが面倒なときは、ポリ袋にオクラと塩を入れて、オクラとオクラをこすり合わせるようにするといいです。

これで、表面の産毛がとれますし、オクラの色合いもよくなるんです。

最後にもう1度水で洗い流し、キッチンペーパーなどで水気をとったら、下処理の完了です!

あとは、いつもと同じように、オクラ料理に使いましょう。

まとめ

  1. オクラは生で食べることができます!
  2. オクラには熱で流れ出る栄養素があります。
  3. なので、オクラは生で食べた方がいい!

オクラを生で食べる時は、水洗いしたオクラに塩をまぶして板ずりして、もう1度板ずりをして下処理をしましょう。

オクラを塩ゆでして下処理をしている人も多いかと思います。でも、塩をまぶして板ずりして水洗いするだけなので、オクラを生で食べるのにはまったく手間がかからないんです。

さっそくスーパーへ行って、もう1度オクラを購入してきて実践してみました!

オクラとツナのサラダにしましたが、まったく違和感がありません。産毛も気になりませんし、オクラの色も綺麗です。むしろ、茹でた時よりも、コリコリとした食感がいいです!

ぜひあなたも1度、オクラを生で食べてみてください!

-食関連