毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

自宅で簡単!ガムシロップの作り方。料理やお菓子作りにも大活躍!

ガムシロップ、買えばいいようなものだけど、お砂糖さえあれば家で簡単に作れるので、冷たい飲み物にお砂糖(ガムシロップ)を入れる方は作り置きしておくと良いと思います。

飲み物に入れるだけでなく、他にも使い方は色々あります!

作り方もいくつかあるので、色々試してみてはどうでしょう?

今回は家庭で簡単に作れるガムシロップの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

ガムシロップは砂糖さえあればすぐ作れる

私はアイスコーヒーやアイスティーにガムシロップを入れる時でも一個しか使わないけど、甘い飲み物が大好きな人は一度に二個・三個、もっと入れる人も居ますよね?

市販のガムシロップ20個入りを買ってもすぐなくなってしまいます。200円くらいのものだけど、塵も積もればです。

家で作れば単価は数円で、心置きなく飲み物にシロップを入れられるし、お菓子やお料理にも使えるし、保存料等も使わないので安心だです。

作り方はいたって簡単。一度憶えたら次から何も見ないでも作れてしまうと思います。

濃度は自分好みに調節しよう

ガムシロップは、糖度が高いほど保存性も高くなります。

果物のジャムを作る時もかなりの量のお砂糖を入れるので、保存料を入れなくても日持ちするのと同じですね。

糖度30%以上で常温保存ができて、冷蔵庫で保存すれば一カ月は持つので、使いきれる分量を作ればいいですね!(砂糖はグラニュー糖でも砂糖でも)

分量は

  • 糖度60%→砂糖60g:水40cc
  • 糖度50%→砂糖100g:水100cc
  • 糖度40%→砂糖90g水60cc
  • 糖度30%→砂糖60g水120cc

です。

市販のガムシロップは60%のものが多くて、糖度70%以上は、常温での保存期間を長くできるけれど、砂糖の結晶ができたりして作るのが難しいようですね。

水と砂糖を混ぜるだけ!ガムシロップの作り方!

要は濃い砂糖水と言うか、砂糖が完全に溶ければそれで良いのですが…

注意点は保存する容器です。プラスチック製よりも、煮沸消毒できて密封できる瓶が良いと思います。

必ず滅菌して使います。

お鍋で作る時は材料を全部入れて沸騰させ、混ぜながら透明になるまで火を入れます。

底に砂糖が沈んだままで、強火で火にかけてしまうと、砂糖が焦げてカラメルみたいになる恐れがあります。

そんなことするのは私だけかもしれませんが(泣)

すぐ火が通るので、コンロの前を離れないようにしましょう~

火を使わず簡単にできるのは、材料を耐熱容器に入れ、レンジでチン♪です。

1:1の割合=50%の砂糖水なら60wレンジで1分です。

温まって来ると、プクプク泡が出るので深めの容器に入れた方が良いです。

耐熱で、密閉できる容器なら、チンして砂糖を溶かして冷ましたら、そのまま保存できるのでとっても楽。

と言いながら、私は毎回コンロで火にかける派なのですが…。

 

ちなみに、今までガムシロップを作った時の失敗として、先程の火を強くしすぎて焦がしたのと似ているけど、たくさん作ろうとした時、どの位煮詰めたら良いのかわからず、火を強めたり緩めたりしていると、だんだん茶色くなってきて慌てて火を消した事があります。

煮詰めるなんてことしなくても、砂糖が溶ければいいだけなんですよね!

砂糖が完全に溶けて透明になれば良いのです。

夏は冷たい飲み物や、かき氷に使います。

コーヒー紅茶、レモネードを作った時も、飲む人の好みで甘さを調節できますよね!

お菓子やお料理にも活躍!ガムシロップ!

■お菓子作りに

よく家でお菓子を作る人は、レシピの中にガムシロップが出て来るのを見た事があると思います。

ケーキの艶出しに使うのは糖度60%のシロップで、レアチーズケーキやムースやシフォンケーキのレシピにもガムシロップがでてきます。

私はその当時は、糖度など特に気にせず1:1のシロップを使いましたが特に問題なく仕上がりましたよ!

休みの日の朝に「フレンチトーストを作ろう」なんて言う時もシロップを使います。

卵液に砂糖を溶かさずに、卵液に漬けたパンをフライパンで焼いてから最後にガムシロップをかけて焼きます。

■お料理にも

わざわざガムシロップを使わなくても良いのですが、たくさん作り過ぎた時や、保存期間が迫って来たなと言う時には料理にも使います。

そうめんつゆの甘さ調節にも便利だし、だしまきを作る時にも使えます。

豚の角煮や鶏の照り焼きに使うと、お砂糖より照りがキレイにつくような気がします。

煮魚にも使えますよね。

ただ、砂糖を使う時より、分量は多めになると思います。

慣れると砂糖より使い勝手が良いかも知れないですね?

まとめ

自分が使いやすい濃度で、使う分だけ作れて、日持ちもするし、色んな用途で使えるので作り置きしておくと便利という事ですね。

キレイに洗ってあるので大丈夫、とか、冷蔵庫に入れず長い間放っておくとカビが発生するので要注意ですよ!

自家製ガムシロップで色々楽しんでみましょう~

スポンサーリンク

-食関連