毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

ズッキーニが生食でいけるとは・・生で美味しくいただく方法3選

見た目がきゅうりにとってもよく似た野菜、ズッキーニ。

クセもなく、さっぱりとしていて、とても美味しいですよね!

皆さんは、普段このズッキーニをどのようにして食べていますか?

焼いたり煮込んだりというのがほとんどだと思いますが・・

実は、生でも食べられるってこと、ご存知でしたか?

今回は、生でも美味しいズッキーニについて、色々とお話していきたいと思います!

生で食べられる栄養豊富なズッキーニ

加熱調理して食べるイメージが強いズッキーニ、グリルやラタトゥイユなどのイタリア料理でよく見かけますよね。

見た目はとてもきゅうりに似ていますが、実はかぼちゃの仲間なんですよ。

日本で広く食べられるようになったのは1980年代からで、この頃にイタリア料理がブームになり、食べる人が増えていったんだそうです。

ズッキーニには、栄養分もたくさん含まれていて、身体にもいいんですよ。

カリウム、カロチン、ビタミンC、ビタミンBなどが豊富で、アンチエイジングや高血圧にも効果があります。

私も、ズッキーニと言えばラタトゥイユ、ラタトゥイユを作る時以外は、買ったことがありませんでした。

そんなズッキーニが、実は生で食べても美味しいなんて、すごくびっくりですよね!

でも、生で食べる時には、いくつか選ぶポイントがあるので、ご紹介しますね。

黄色い皮のズッキーニは生食向き!

私たちが、普段からよくスーパーマーケットで見かけるのは、緑色のズッキーニだと思います。

でも、ちょっとめずらしいもので、あまり見かける機会は少ないんですが、黄色のズッキーニもあるんです。

黄色のズッキーニは、緑色のズッキーニと比べて皮が柔らかく、クセも青臭さもありません。

ですから、生で食べるにはぴったりなんですよ!

もし見かけたら、手に取ってみて下さいね。

黄色のズッキーニなんて見つからない!という場合は、もちろん緑色のズッキーニでも大丈夫です。

緑色のズッキーニを生で食べる場合には、皮を少し剥いてから食べるといいでしょう。

生食は鮮度に気を付けて

生で食べる時には、新鮮かどうかというのも重要なポイントになります。

ツヤがあって太さが均一、ヘタが変色していなくて、持った時にずっしりと重いものが新鮮なズッキーニです。

大きく育ち過ぎているものは、中身がスカスカになっていることもあるので、慎重に選んでください。

買ってきてしばらく経ってしまい、鮮度が落ちてしまった場合は、生で食べずに火を通して食べて下さいね。

おススメの食べ方は?

生でも食べられることがわかったズッキーニですが、どのようにしたら美味しく食べることができるんでしょうか?

おススメの美味しい食べ方を見ていきましょう。

サラダが美味しい!

さっぱりとした味のズッキーニは、サラダで食べるのがおススメ!

トマトやアボカドと一緒に、オリーブオイル・塩・レモン汁・ブラックペッパーで和えると、すごく美味しいんですよ。

もちろん、お好みのドレッシングで和えて頂いても大丈夫です。

硬くて食べにくい・・という場合には、塩もみしておくと食べやすくなっていいでしょう。

そして、モッツアレラチーズを入れると、まろやかになってまたさらに美味しくなっちゃいます!

その他には、生ハムやツナとも相性良し!

混ぜるものは色々アレンジして、お好みのズッキーニサラダを作ってみて下さいね!

じゃこと一緒に

ズッキーニを千切りにして、そこへちりめんじゃこを入れましょう。

ちりめんじゃこは、軽く炒っておくと香ばしくて美味しくなりますよ。

醤油・ごま油・ガーリックパウダーを入れ、一気に和えちゃいます!

たったこれだけで、とっても美味しい一品になっちゃいますよ。

簡単にできるので、忙しい時の一品にぴったりですね!

簡単に浅漬け!

ズッキーニをお好みの厚さにカットして、ポリ袋の中に入れます。

あとは、そこに市販の浅漬けのもとを入れるだけ!

その後、30分ほど冷蔵庫へ入れて下さい。

こんなに簡単だけど、とっても美味しい浅漬けができちゃいますよ!

まとめ

加熱して食べるイメージが強いズッキーニですが、生でも美味しく食べることができるのです。

生で食べる時には、黄色のズッキーニがおススメ!

「鮮度がいいものを選ぶ」ということも忘れないで下さいね!

私もまだ生では食べたことがないので、挑戦してみようかなぁと思いました。

レシピはどれも簡単なものばかりなので、お子様と一緒に作ってみてもいいかもしれませんね!

この機会にぜひ、ズッキーニを生で食べてみるのもいいと思いますよ~。

-食関連