雑学

邦画の興行収入ワースト10を大発表!ワースト1はあの映画!?

普段から映画を観る人も観ない人も、「興行収入100億円突破の超話題作!」なんて宣伝を見ると、ちょっと気になってしまうのではないでしょうか。

『踊る大捜査線』『千と千尋の神隠し』『君の名は。』など、邦画で興行収入100億円を突破している作品は、名前ぐらいは誰もが聞いたことのあるものばかりです。

では、興行収入下位の作品はどうでしょう。

「どうせ聞いたことのない映画ばっかりでしょ?」なんて思っていませんか?

実は、意外な映画が残念な結果に終わっていることも少なくないんです!

今回はそんな、残念な結果に終わってしまった映画たちをピックアップしていきます。

そもそも興行収入って何?

興行収入とは、映画館の入場料のトータル金額です。

1500円の映画を1万人が観たら、興行収入は1500万円という事になります。

2000年以降の映画はすべてこの「興行収入」に基づいてランキングなどが発表されます。

ちなみに1999年までは、「配給収入」に基づいたランキングになっています。

配給収入とは、映画館の入場料から映画館分の利益等を差し引いた金額です。

映画館の利益分は40~50%が平均で、映画によっても異なるためわかりづらいですが、例えば1500円の映画を1万人が観たとしたら、興行収入は1500万円。

映画館の利益等が40%だったとしたら、配給収入は1500万円の60%。

つまり900万円ということになります。

「配給収入」では、作製会社の得た利益はわかりやすいですが、映画館へ支払う金額は映画によって異なります。

そのため、映画のランキングとして反映すると、少しズレが生じてしまっていました。

2000年からは、映画館に支払われた金額全てが反映された「興行収入」のランキングになったので、こちらの方がより正確にランキングに反映されていると言えそうですね。

興行収入が高かった5作品

まずは邦画で興行収入の高かった5作品をご紹介します!

   1.千と千尋の神隠し
          ・興行収入308億円
          ・2001年公開

   2.君の名は。
          ・興行収入250.3億円
          ・2016年公開

   3.ハウルの動く城
          ・興行収入196億円
          ・2004年公開

   4.もののけ姫
          ・興行収入193億円
          ・1997年公開

   5.踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
          ・興行収入173.5億円
          ・2003年公開

宮崎駿監督の作品は『ハウルの動く城』『もののけ姫』以外にも、6位に『崖の上のポニョ』8位に『風立ちぬ』がランクインしています。

私が個人的に気になったのは、9位の『南極物語』と11位の『子猫物語』。

名前は似ていますが、『南極物語』は、南極で生き延びる兄弟犬を題材とした実話。

『子猫物語』は、ムツゴロウおじさんこと畑正憲が監督を務めた、子猫の冒険の物語と、内容はまったくの別のものです。

『南極物語』は興行収入110億円、『子猫物語』は興行収入98億円ですが、それぞれの公開年度は1983年と1986年です。

当時はまだ映画の鑑賞料も今より多少安かったので、実際にはもっと上位であってもおかしくないかもしれないですよね。

残念な結果に終わった10作品

では、残念な結果に終わってしまった邦画ワースト10をご紹介します。

    10.『テラフォーマーズ』
          ・興行収入7.8億円
          ・2016年公開

   9.『真田十勇士』
          ・興行収入6.1億円
          ・
2016年公開

   8.『ガッチャマン』
          ・興行収入4.8億円
          ・
2013年公開

   7.『座頭市 THE LAST』
          ・興行収入4.0億円
          ・
2010年公開

   6.『おしん』
          ・興行収入4.0億円
          ・
2013年公開

   5.『トリガール!』
          ・興行収入1.6億円
          ・
2017年公開

   4.『氷菓』
          ・興行収入1.3億円
          ・
2017年公開

   3.『愛と誠』
          ・興行収入1億円
          ・
2012年公開

   2.『RANMARU 神の舌を持つ男 鬼灯デスロード編』
          ・興行収入1億円
          ・
2016年公開

   1.『セーラー服と機関銃 -卒業-』
          ・興行収入9200万円
          ・
2016年公開

『セーラー服と機関銃』は小説が映画化され、1981年に大ヒットとなった作品です。

おそらく名前は誰もが知っている作品なのではないでしょうか。

意外にも、ワースト10の中に、聞いたことのある名前が並んでいることに驚きます。

また、先ほどお話しした通り、映画の作製会社が受け取れるのは、興行収入の半分程度の金額です。

さらに、映画の製作には数千万円~数億円が必要となります。

興行収入1億円や4億円では、大赤字になってしまうことも少なくないのです。

番外編になりますが、2015年に公開された『ガールズステップ』や、2016年に公開された『CUTIE HONEY -TEARS-』も、ワースト1候補です。

これらは興行収入が公表されていませんが、数千万円程度だったという話もあります。

まとめ

映画にそんなに詳しくない私でも、興行収入トップ5の映画はすべて観たことがありました。

反対に、ワースト10の映画は1つも観たことがありませんでした。

それでもワースト10のうち『座頭市 THE LAST』『トリガール!』『セーラー服と機関銃 -卒業-』などは、宣伝をしているのを見たような記憶があります。

まさかこの映画がワースト10に入るとは思ってもいなかったので、なぜ人気が出なかったのか気になって、逆に観てみたい気もしています。

新しい映画も気になりますが、興行収入ランキングをチェックした上で、観たことのなかった映画を観てみるのも、映画の楽しみ方の一つと言えるかもしれませんね!

-雑学
-, ,