毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

仕事

退職願と退職届、辞表の違い。波風を立てない大人のマナーを総復習!

2017/06/27

はじめての転職やなにかの都合などで仕事を辞めよう、辞めないといけない…となった時、いろいろ準備をしないといけないことがあります。

その中でも、迷いがちなのが、会社に提出するのは「退職願」「退職届」「辞表」、一体どれなのか…。

それぞれの書類は仕事を辞めるための書類ではありますが、実は違いがあるんです。

どんな理由で辞めるとしても、一度はお世話になった会社です。大人として、最後はスムーズに、円満にことが進むようにしましょう。

スポンサーリンク

似たような言葉だけど違う「退職願」と「退職届」

「退職願」も「退職届」も、民法、労働契約法の「労働契約の解約の申し入れ」をするための書類です。簡単にいうと、「退職する時に提出書類」ですね。

2つの言葉の違いは、一文字だけ。「願」と「届」です。

勘のいい人は、予想できると思いますが…

「退職願」は、「退職させてください」とお願いする書類で、受け取った会社が受理して承認するまでは、撤回することができます。

「退職届」は、「退職します」と届け出る、一方的に宣言する書類になり、会社の受理・承認は関係ないので、撤回することができません。通告書類というとわかりやすいでしょうか。

「退職願」がいい時、「退職届」がいい時

一般的には、円満退社のためには「退職願」を提出します。

退職する時には、退職のタイミングなど、会社側と交渉をしていく必要があります。

一方的な「退職届」でない波風をたてるよりも、スムーズに事が運びやすいのもあるでしょう。

しかし、「退職届」の提出のほうが向いている場合もあります。

何を言われても意志は変わらないとの決意の表明をしたい時、引き止められそうな場合、すでに会社と退職についての交渉が済んでいる時などには、「退職届」とするのがいいでしょう。

「辞表」とは?

ドラマや映画では、でかでかと「辞表」と書かれた封筒を上司に差し出すシーンを見かけますよね?

では、同じ退職のための書類のはずですが、「辞表」を出すのは、どんな時?

「辞表」は、提出するタイミングは「退職願」「退職届」と同じですが、経営陣や役員などの役職者が書くものなのです。

公務員は、役職に関係なく、退職する時には「辞表」とします。

間違いとは言い切れませんが、一般企業の一般社員が「辞表」と書くのは、なんとなくおかしいんですね。

法律上は口頭の意思表示でOK

就職した時には、会社から雇用契約書、労働条件通知書、雇用通知書など、なにかしらの書面でもらっているはずです。

雇用にあたって、会社には書面で通知しないといけない項目、例えば、労働契約の期間や就業場所、業務内容など、法律で決まっています。

しかし、一般社員の退職の意思表示は、書面ではなく口頭でも有効と法律上はなっています。口頭の表明では、言った言わないのトラブルに繋がりがちなので、「退職願」「退職届」の提出が一般的になっているだけなのです。

そういう意味では、会社から提出を請求されなくても、「退職願」「退職届」を出しておくのがいいでしょう。

ただし、会社都合・解雇の時には、「退職願」「退職届」は請求されても提出しないのがベターです。

のちのち、自主退職にされてしまう可能性があるからです。

「退職願」「退職届」は便箋に手書き、白無地二重封筒が基本

「退職願」も「退職届」も、今ではPC作成のテンプレートも豊富にあります。

しかし、基本的には「便箋に手書き」が大人のマナーです。

最後の署名のあとに、押印も忘れずに。

また、直属の上司に提出する時には、白無地で郵便番号枠なしの長形3号の二重封筒に入れるのがいいですよ。

「退職願」「退職届」は、人前でおおっぴらに堂々と渡すものではありません。

まとめ

退職を決めて「退職願」「退職届」を準備する前に、まずは近しい上司、または周りの人に一度は相談してみましょう。

タイミングや引継ぎなどについて、事前に調整が必要な場合もあるかも知れません。

まとめると…

  • 「退職願」…「退職させてください」とお願いする書類、承認前なら撤回することができる
  • 「退職届」…「退職します」と一方的に宣言する書類、撤回することができない
  • 「辞表」…経営陣や役員などの役職者、公務員が書くもの
  • 退職の意思表示は、法律では口頭でもOKだが、トラブル回避のため「退職願」「退職届」の書面がベター
  • 会社都合や解雇の時には、求められても「退職願」「退職届」は提出すべきでない
  • 「退職願」「退職届」は、便箋に手書きで白無地郵便番号枠なしの長形3号の二重封筒が大人のマナー

退職を決めたとしても、円満に退職したいならば、マナーを守り、他の社員への配慮も必要です。最後まで、きちっと対処しましょう。

スポンサーリンク

-仕事