毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

ファッション

ポリエステル素材のアイロンのかけ方!適切な温度と上手にかけるコツ

おしゃれな洋服に多いポリエステル素材。

普通の綿のシャツより、手触りもよく、軽いし、さらっと着れて便利ですよね。

私もポリエステル素材のシャツを何枚かもっていて、お出かけの時には欠かせません。

でも、うまく洗濯しないと脱水のシワがついてしまい、おしゃれ度ダウン。

アイロンがけが必要になりますね。でも、アイロンがけって結構面倒ですよね。

それに、ポリエステル素材はアイロンのかけ方がなんだか難しそうじゃないですか?

うまく温度調整をしないと、「生地が溶けてしまうんじゃないかしら?」とか「熱で生地の色が変わってしまうんじゃないかしら?」と不安も色々と出てきてしまいますね。

ここでは、基本のアイロンの使い方からポリエステル素材のアイロンのかけ方のポイント、アイロンがけを簡単にする方法まで、ご紹介します!

スポンサーリンク

基本のアイロンの使い方

まず、アイロンの基本の使い方を見てみましょう。

アイロンをかけるには道具を用意し、正しい温度でかけることがアイロンの失敗を防ぐ第一条件です。

まず、用意するものですが、勿論アイロン!それから、アイロン台に、霧吹きやあて布、そしてシワ取り用のアイロン用糊スプレーがあれば完璧。

霧吹きやあて布、糊スプレーは必要な時に使いましょう。

次に温度!温度って結構適当にやっていませんか?

洋服についている洗濯絵表示を見て、生地の素材にあったアイロンの温度を設定しましょう。

目安の温度は以下の通りです。

*温:180度〜210度くらい
(麻、綿など)

*中温:140度〜160度くらい
(レーヨン、キュプラ、ポリエステル、ナイロンなど)

*低温:80度〜120度くらい
(シルク、アセテート、ナイロン、アクリルなど)

布地に合わせて温度を設定する事で、アイロン時のトラブルが避けられるので、しっかり確認した方がいいんですね。

スポンサーリンク

ポリエステルのアイロンのかけ方のポイント

温度に気をつければポリエステル素材もちゃんとアイロンをかけられるということですね。

では、ポリエステル素材は何度でかけたらいいのでしょうか?

先ほどの表を見ると、中温の140度から160度くらいの温度ということになります。

かけ方は、いきなり中温でかけるのではなく、端の方の目立たない場所を低温でかけてみましょう。

低温から中温にあげてみても、生地がなんともないことが確認できたら全体にアイロンをかけるようにすれば、せっかくのおしゃれ着を傷めてしまう事もないですね。

以前、ポリエステル素材のパンツをアイロンしたら、その部分だけテカテカしてしまった事があります。

そうなるのを防ぐには、あて布をしてかけるのがいいでしょう。

ポリエステル生地全てが、アイロンをかけられると安心はせず、念のため洗濯絵表示を見て、アイロンが禁止されていないことを確認してからアイロンをかけましょう。

間違えて高温でかけてしまうと、アイロンの跡が、生地に残ってしまう。。。なんて事もあるので要注意です。

また、洗濯時の洗剤がしっかり落ちていないとアイロンをかけた時に変色を起こす事もあるので是非、洗濯にも気をつけたいですね。

アイロンがけを簡単にするポイント

ポリエステル素材にアイロンをかけることができるのはわかりました。

でも、できればアイロンがけは、やっぱり簡単にしたいもの。

私の場合、アイロンをかけるのが下手なので、アイロンがけが楽になれば家事全体も楽になると言ってもいいくらい!

ここでは、アイロンがけが簡単になる方法をいくつかご紹介します。

①脱水する時に気をつけてみる

脱水する時に、洗濯ネットに入れ、脱水時間を30秒くらいにしてみましょう。

まだ水が滴り落ちるくらいの頃なので、干した時に、重みで下に引っ張られ、シワができにくくなります。

②干す時に気をつけてみる

*ハンガーに干す前に、衣服をバサバサと振りさばき、ハンガーに干した後は、手でパンパンとたたくようにしてシワを伸ばしましょう。

手アイロンとも言われるこの方法、かなりシワが伸びます。

*針金のハンガーを使わず、厚みのある木やプラスティックのハンガーにかけましょう。厚みのおかげで肩のシワを始め全体的にかなりシワが伸びます。

③液体糊やスプレー糊を使ってみる

脱水後液体糊でもう一度押し洗いし30秒脱水してすぐ干しましょう。

または、乾いた洋服にはアイロン前にスプレー糊を使ってみましょう。

どちらの方法でもアイロンがけが思いがけずスムーズに行くようになります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 洗濯絵表示をしっかり確認しよう
  • 温度に気をつけよう
  • あて布をして生地のテカリが出ないようにしよう
  • 脱水や干す時に気をつけてアイロンかけを楽にかけよう

ポリエステルは高温でアイロンすると溶けてしまい、それを元通りにすることは不可能です。

でも、アイロンをかける適切な温度や洗濯時のポイントを知って入れば、そのようなトラブルも減り、アイロンも楽にかけられるという事ですね。

ぜひ、試してみてください!

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

-ファッション