毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

健康

かかとを押すと痛い!自力で治せる?その原因と効果的な対策は?

2018/01/11

かかとと言うと、硬くて丈夫なイメージ。関係ないけど『かかと落とし』と言う格闘技の技があるくらいで、戦う時の武器として使える体の一部…。

そんな頑丈なかかとに違和感を感じ、ちょっと押してみたら痛い!どこかにぶつけたりケガをした覚えもない。

でもかかとが痛い。そんな時はこんな事が原因かも知れません。

かかとの痛みには自然治癒力に頼るしかないのか?

ケガや骨折以外でかかとが痛む時は、ほとんどの場合、使い痛みが多いようです。

自分ではそんなつもりは無くても、知らず知らずの内に疲れが溜まって痛みが出てくると言う事です。

疲れが溜まると言う以外でも、激しい運動をするスポーツ選手や陸上の部活、ランニング・ジョギングを始めたばかりの人にも見られる症状です。

後は、筋力の低下によるアーチの崩れ。近頃は、若い年代でも運動不足で偏平足になったり、アーチが崩れている人が多いです。

治すには地道な努力しか無いのが辛い…。

痛みの原因は足底腱膜炎の可能性も

聞き慣れない名前ですが、整骨院や整形外科ではこう診断される事が多いのではないでしょうか?

症状としては、朝起きて歩き始めに痛みを感じる。長時間立っていたり、座りっぱなしで、歩き始めた時に痛いけど、歩いているとだんだん治まる。触らなければ痛くないけど押すと痛みを感じる。等です。

残念ながら、これと言った治療方法がないと言うか、運動が原因なら練習を減らすか、しばらく運動を休むしかありません。

長時間の立ち仕事が原因なら、勤務時間を減らしたり、座れる仕事に換えてもらう様にします。

できる事として、ふくらはぎと足裏のマッサージ・下半身のストレッチで筋肉を動きやすくし、『足』=くるぶしから下への負担を減らすと良いと思います。

かかとに棘ができる?!踵骨棘ってなんだ?

足のだるさ痛み、疲れを我慢して『足底腱膜炎』になっていたとします。さらにそれを長い間放置すると、痛みを避けようとして変な歩き方をして膝をねじって歩いたり、かかとや足底をひねって歩いたりすることで、かかとの骨が増長して棘のように出っぱって来る事ががあります。

骨が尖っているので歩いたり、その部分が床や靴に当たると痛いのです。

私の身近に、踵骨棘になった人が居ました。

飲食店で働く女性でしたが、長時間・毎日という勤務ではなかったけれど、今までかんっじた事の無い痛みだったので病院に行ったトコロ『踵骨棘』と言われたそうです…。

踵骨棘にも、特効薬や治療方法はないようで、歩く時痛いなら、インソールやクッション性の高いパットを使って痛みを和らげるしかない、との事。

しばらくしてどうなったか聞くと「ああ、わかんないけどもう痛くない。」と言ってました。

いつのまにか治ったんですね~

激しい運動をする人は疲労骨折を言う事も!

これは、限られた方の話ですが、かかとの骨の疲労骨折という事もあります。

『踵骨疲労骨折』は、よほど激しい運動を毎日続けるスポーツマンや本気の部活ですか?

始めはじわっと痛みがあり、日ごとにだんだん痛みが増します。最後はかかとをつくのも痛くなります。

痛みが出だした頃は、レントゲンでも解りにくいようですが、疲労骨折と解ったとしても、ギプスをつけたりしません。安静にして治るのを待つしかないのです!

余談ですが、以前、ヒールを履いていて外側に足を倒すようにコケて、足の小指とくるぶしの丁度真ん中位の真っ直ぐな骨を骨折した事がありますが、パンパンに腫れた足は確かに、床に着くのも痛かった…のですが、骨折しているとは知らず…ギプスをはめないまま治りました…。

治るものですねぇ。が、安全に早く治すためには異変に気付いたら早めに病院に行くのが一番で間違いないと思います。

その他のかかとの痛みと痛くならない為の予防

それ以外のかかとの痛みとしてアキレス腱が炎症を起こしている時もかかとに痛みを感じる事があります。

あと、しもやけ…しもやけは痛いだけと言う人と、痛みと痒みを交互に感じると言う人が居ます。

アキレス腱もしもやけも、同時に赤みや腫れが見られるので解りやすいと思います。

アキレス腱やしもやけじゃない、かかとの痛みの治療としては、これと言った物が無いと言う事と、足全体の疲労から来るものが多いと言うことで、日頃からそうならないように足を労わり疲れを溜めないようにするといいですね!

お風呂でお湯に浸かっている時に足裏を揉む。寝る前に足のストレッチをする。など、面倒な事はしなくても、毎日少し気にしてやってみるだけでも変わって来ますよ。

まとめ

自己判断は危険ですが、そう言えば足を酷使しているな、とか運動し過ぎかな?と思ったら、少し運動は控えて、足を休め、日頃から自分でできる足裏マッサージやストレッチ、足指のグーパー運動をしておけば歳をとっても元気に歩ける足を育てられます。

何もしていないのにかかとに痛みを感じる時は早めに病院に!痛風や感染症が考えられるのでこの場合は内科へどうぞ!

-健康