毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

雑学

早起きするとお腹が空くのはなぜ? 朝お腹が鳴るのを対策したい!

早起きは三文の得。

朝から清々しく活動できると、その日一日、なんだか気分が良くなりますよね。

身支度も家事も前倒しで片付くから、時間に余裕ができるのも嬉しいものです。

けれど、早起きすると、いつもよりお腹が空く気がします。

特に昼前に、お腹がグウグウ鳴ってしまって、恥ずかしい思いをします。

早起きするとお腹が空くのは、一体どうして?

早起きするとお腹が空く気がする

原因として考えられるのは、早起きした分、朝ご飯が早くなること。

いつもより1時間早く、朝ご飯を済ませれば、いつもより1時間早く、お昼が待ち遠しくなるのも道理です。

 

また、早起きした朝は、普段より余分に用事を済ませる必要があって早起きしたり、
「せっかく早起きしたから、散歩でも……」と、いつもよりも運動量が多くなりがちです。

消費するカロリーがいつもより多くなれば、普段と同じ食事量では、ちょっと物足りなく感じます。

お昼ご飯は、お弁当や定食などは量が決まっていたり、
予算の都合で毎日同じだったり、カロリーの調節がしにくいものです。

お昼でカロリー補給ができなかったなら、おやつの時間や夜にまで、物足りなさが繰り越されます。

 

睡眠中は、起きている時よりも、カロリーの消費が少なくなっています。
力仕事せずに寝ころんでいるから……というだけでなく、
・考え事をしない
・身体に余分な力が入らない
・呼吸が穏やか
・胃腸の動きが鈍くなる
といった、徹底した省エネモードになるのです。生命の神秘ですね。

早起きした後、特に何もせずダラダラしたんだけど……という場合でも、
起きているだけで、普段よりちょっと活動的な朝、なのです。

お腹が鳴るのを防止する

早起きでお腹が空くのは、もはや仕方の無い事。

お腹が鳴ってしまわないように、対処療法で乗り切りましょう。

 

一番簡単なのは、午前10時くらいに、おやつを食べること。

朝に運動した分のカロリーを余分に食べるのは、身体にとって悪いことではありません。
おにぎりやクッキーのような、カロリーばっかりのおやつではなく、
ビタミンや食物繊維も摂れるようなものを食べれば、かえって栄養バランスが良くなるというものです。

コンビニやスーパーで、手軽に手に入るものの中から、いくつかオススメのおやつをご紹介します。

 

・バナナ

安心と信頼の腹持ちの良さ。ビタミンCと食物繊維が豊富です。

鞄のポケットに、そのまま放りこんで出かけられる、取り回しの良さも高ポイント。運動量の多い方なら、おやつはこれで決まり!

難点は、「午前中からバナナを齧っている姿」のインパクト。オフィス女子にとっては致命的な欠陥と言えるでしょう。

 

・寒天ゼリー

食物繊維豊富な寒天。

寒天の場合、特に腸内環境を整える効果が期待できます。下腹ポッコリにお悩みの女性は、ぜひおやつに取り入れてみて下さい。

「寒天を使っていること」が重要なので、ゼラチン等を使った、普通のゼリーでは効果がありません。

寒天を使ったおやつには、他に、みつまめやところてん、牛乳寒天もあります。

最近は、「寒天を使ったプリン」なども、たまに見かけます。スイーツコーナーは要チェック。

 

・ヨーグルト

たんぱく質は、砂糖よりも消化吸収が遅いので、腹持ちを重視するなら「たんぱく質の多いもの」が一番。

ヨーグルトは、小さなパックやドリンクタイプもあるのでお手軽です。

 

・カットフルーツ

最近のコンビニやスーパーでは、小さなパッケージのカットフルーツが定番商品になっています。

パインやリンゴは、通年売られていますし、スイカやブドウなどの、季節の果物をミックスしたパックも登場しています。

デスクワークの傍ら、ちょいちょいとつまめるのが嬉しいところです。

 

・各種「小腹満たし」用食品

食品メーカーや製薬会社から、小腹が空いたときのための低カロリー食品が、各種売り出されています。

ダイエット中だから、カロリーをとりたくない! というときには、とってもおすすめです。

 

コバラサポート:ジュース型。お腹で膨れるので、飲み物だけれど腹持ちが良い。

栄養ドリンク売り場の、ウィダーゼリーの隣に並んでいることが多いですよ。

 

SOYJOY:カロリーバー風の食べ応えで、「食べた」感があるのが嬉しいもの。

まとめ

・早起きした分、カロリー消費量が増える。

・睡眠時は身体が省エネモード。ダラダラ過ごしていても、起きているだけで、寝ているときよりカロリー消費が多い。

・ビタミンや食物繊維の豊富なおやつをつまんで、健康な食生活を。

-雑学