毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

健康

耳掃除が痛いと感じる3つの原因と爽快・安全に耳垢を取る5つのコツ

子供の頃から耳の弱い私は、内耳炎・中耳炎・外耳炎、全て経験済です。今でも覚えているのは、3歳くらいの頃の中耳炎。耳が痛いことことが分からず(頭が痛いかと思ってたので)、耳を壁にこすりつけていました。

この時の原因は、耳掃除のし過ぎだったんです。潔癖症の父が、完璧すぎる耳掃除を…。それ以来、耳掃除には気をつけていますが、今でもたまに耳掃除で耳に傷みを感じることがあります。

先日、耳掃除をしていたら、旦那に「耳掃除しすぎじゃない?」と言われたのですが…毎日お風呂上りには耳掃除をしないと、なんだか気持ちが悪い。でも、痛みを感じることも結構あるのも本当なんです。

どうして痛いんだろう…。耳掃除って、どのくらいの頻度でするのがいいのかしら?耳がキレイになる掃除の方法も知りたい!

スポンサーリンク

耳掃除が痛い原因は?

①:強く耳を掻きすぎ

これ、耳のタイプにもよると思います。耳垢がべたべたやザラつきのある人は、湿性耳垢の人。

こういう人は、綿棒を愛用していることが多いのではないでしょうか?私も、綿棒派です。

べたつきをキレイにしたいという思いが強くて、せっかくの柔らかい綿棒なのに、ごしごし押し付けて耳掃除をしてしまいます。これは、中耳~外耳を傷つけてしまう可能性があります。

また、耳掃除の頻度が高い人は、一度つけてしまった傷を次の耳掃除で刺激してしまっているかも知れません。だから、痛いのかも。

最悪の場合は、傷からばい菌が入り、中耳炎・外耳炎に至ることもあります。

耳垢がさらさら、表皮のかたまりのような人は、乾性耳垢の人です。こういう人の愛用耳掃除グッズは、竹などの耳かきが多いでしょう。

さすがに耳かきは見た目で強く掻くと危ないのはわかります。でも、自分は優しくやっているつもりでも、耳の中の皮膚は敏感で弱いので、傷をつけているかも知れません。

また、耳掃除で乾いた耳垢が、耳の奥:内耳に入っていってしまい、それが痛みの原因になることもあります。

②:外耳道付近の神経が敏感

耳の中はとても敏感なのですが、その中でも外耳道、耳に入って3cmくらいまでは神経が、生まれつきとても敏感な人もいます。

そういう人は、傷がついていなくても、耳掃除だけで痛みを感じる可能性がかなり高いのです。

③:耳の奥に耳垢がたまって痛い

耳掃除は、一般的には外耳を掃除していることになります。

しかし、耳の奥に耳垢が詰まっている時には、掃除の振動が奥まで伝わり、詰まった耳垢の揺れで内耳~中耳に痛みを感じる場合もあります。

耳掃除が痛くない!自宅でできるおすすめの方法!

まず、耳掃除のタイミングが大切。これ、誤解をしている人が多いかも。

耳掃除は耳の中が渇いている時にすること!実は、お風呂あがりは耳掃除にはよろしくないタイミングなのです。

湿った耳垢は、掃除でどんどん奥に入っていってしまう可能が高い、柔らかくなっている耳の皮膚を傷つけやすいからなのです。そういわれれば…納得。

で、家で簡単にできる方法は…

  1. お風呂あがりなど、耳が湿っている時は耳掃除はしない。
  2. 綿棒がおすすめです!
  3. 綿棒の先端から1.5cmのところを持ち、それ以上は耳に入らないようにする。
  4. ゆっくりとくるくる回しながら、真っすぐに耳の穴に入れたり、出したりを繰り返す。
  5. それでは“やった感が足りない…”と思うなら、綿棒の先に消毒液かベビーオイル、オリーブオイルをつけて耳掃除をする。※使用前にオリーブオイルにアレルギーがないか、腕の内側などに少量つけて確かめることができます。

それでも気になる汚れや耳垢があるような気がするなら、自分で奥まで掃除するのはリスクです。耳鼻科に行きましょう。耳鼻科での耳掃除は、1,500円程度で済むはずです。

耳掃除の正しい頻度とは?

耳垢は、普通は勝手に外に出ていく性質があるのだそう。だから、頻繁な耳掃除は、逆に耳垢を中に戻していたり、奥に押し込んでいたりするのです。

耳掃除は、耳垢のつまりなどの異常を感じないなら、しなくてもいいくらい。もしするな、2週間から1か月に1回程度が一番いい頻度です。

毎日耳掃除している私には、我慢できない頻度の低さかも…。でも、耳の健康のためには、こればいいんですよね…。

まとめ

耳掃除で痛みを感じるのは、耳掃除しすぎの可能性大!!

まとめると…

  • 耳掃除の時の痛みの原因は、強く掻きすぎ・もともと耳の中の神経が敏感・耳の奥に耳垢が入り込んでいるかも…が考えられる。
  • 耳掃除の正しいタイミングは、お風呂あがり以外の耳の中が乾燥している時。
  • 綿棒の先端から1.5cmのところを持ち、くるくる回しながらゆっくり耳に入れて掃除する。
  • 必要に応じ、綿棒の先端に消毒液、ベビーオイル、オリーブオイルをつける。
  • 耳掃除の正しい頻度は、2週間から1か月に1回。

何事もやり過ぎはいけないということでしょうか。でも…1か月に1回の耳掃除って、待ちきれなくなりそうじゃないですか?

スポンサーリンク

-健康