毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

掃除・スッキリ

ウインドブレーカーの洗い方は?汚れ、臭いをスッキリ洗濯する方法!

寒い日の風や雪から守ってくれるウインドブレーカー。

ダイエットやランニング時の発汗を促すために1年中着用している方も多いですね。

そんなウインドブレーカーですが、汚れやすい襟や袖、ついてしまった臭いが気になるものです。

というわけで今回は、ウインドブレーカー洗い方を一から丁寧に解説していきます!

スポンサーリンク

ウインドブレーカーは手洗い?洗濯機?

そもそも「ウインドブレーカーは洗えるの?」と悩んでしまいませんか?

ウインドブレーカーの季節が終わったら必ずクリーニングに出していたのですか、コツをつかめば自宅でも洗う事が出来るんです!

タグに注目

ほとんどの服には左脇部分にタグが付いています。

それを見れば洗濯の方法も分かる様になっているのですが、最近、世界で共通化されて「分かりにくくなった」と思うのは私だけでしょうか?

ウインドブレーカーの多くは風を通さない「ナイロン」や「ポリエステル」繊維等の化学繊維で出来ていて、裏地や袖などの1部には綿などの素材が使われている事があります。

「プリントが多い」などの場合は、自宅での洗濯が向かないので、最初が肝心なのですが、購入の際に襟や袖に付いている紙のタグや注意書きを保存しておくと間違いありません。

素材に注目

同じ素材のナイロンやポリエステルでも表面に「撥水加工」や「防水加工」がされている物は、洗濯機を傷めてしまうので手洗いです。

加工されていなくても「洗濯機禁止」となっている物も同じくですよ!

ところで、夏場も着用される方は、どの位の頻度で洗濯されているのでしょうか?

私なら着用後は毎回洗いたいですけど。

ウインドブレーカーの洗い方

今まで出た注意点を守れば洗濯機でも洗う事が可能です。

手洗い方法も紹介しますので洗えない物は手洗いしてみてくださいね!

洗濯機の場合

洗剤は表示をよく見て「中性」を選びます。

ウインドブレーカーを4つ折りにして入る大きさの洗濯ネットを準備してください。

先にも出ましたが、水を通さない素材なのでネットに入れないと脱水出来ません。

後は、ネットに入れる前に静電気で付着したホコリを払って畳み、ネットに入れて洗濯機にお任せです。

最近の洗濯機は洗い方のモードを選べる物が多いので「弱」や「手洗い」「おしゃれ着」などの水流の弱いコースがおすすめです。

手洗いする場合

先に出た「撥水」などの加工された物などは手洗いします。

タオルの様に「ギュー」っと絞っても水を取る事が出来ないので、滴る状態で干すか、ネットに入れて脱水だけ洗濯機を使うかになるのですが、私はもちろん面倒くさがりなので、脱水機を使います。

手洗いも「中性洗剤」を使います。

大き目の洗面器などにぬるま湯を張り、手洗いに適した量の洗剤を溶かします。

そのお湯に5分ほど浸けおいてから、優しく押し洗いします。

ウインドブレーカーの素材同士を擦り合わせて汚れを落とそうとしてはダメですよ。

汚れていないキレイなつもりでいても洗面器のお湯の色が濁ったりしていて「こんなに汚れてたの?」とびっくりする事もあります。

その後は、お湯を変えて濁りが出なくなるまで数回すすぎます。

仕上げにネットに畳み入れて数分脱水機にかければ終了です。

どちらの洗濯方法でも共通ですが、干す時は裏返して陰干しをおすすめします。

外気の汚れが付かず、色褪めも防げます。

ウインドブレーカーの臭いが気になる時は?

同じく風や寒さを防ぐ衣類のコートやジャージなら「明日も着たいし、たばこの臭いが付いたから」と消臭スプレーをする事が出来ますがウインドブレーカーでは難しいですね。

スプレー液を弾いたり、乾いてシミになったり。

特にサウナスーツ代わりに着用している場合は汗の臭いが気になります。

意外に多いのが、キレイに洗濯してしまったつもりでいたのに、衣替えで出してくると「なんか変な臭いがする?」とついつい「くんくん」してしまいます。

私は寒がりなので着たままでたき火に近づき、煙の臭いを付けたり、火の粉でウインドブレーカーに穴を開ける事の方が多いのですが。

日干しする事で軽減される事もありますが、思い切って「漂白」してしまいましょう!

もちろん、表示をよく見てくださいね!

コツは少し高めの温度のお湯(45~50℃)を使い、漂白剤も「酸素系の粉末」を使います。

表示通りの量を溶かし、90分程浸け置きします。

特に襟や脇などの汚れやすく、臭いが残りやすい部分が浸かる様に、裏返したり、重石をするなどの工夫をしてみてくださいね。

浸け置きが終わったら、手洗いの時同様に数回お湯を変えて(この時はぬるま湯で)すすぎ、脱水機にかけて干します。

衣替え前にしておくと、次の季節で着用する時に、すぐに袖が通せますね!

まとめ

ウインドブレーカーは表示や洗剤に気を付ければ、自宅で洗濯する事が出来ます。

自宅で洗濯する際に注意点や洗濯ネットを使い丁寧に洗ってください。

臭いが気になる時は「酸素系粉末漂白剤」で落とせる事があります。

ウインドブレーカーの素材や洗剤に注意して行って下さい。

スポンサーリンク

-掃除・スッキリ