毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

健康

ビタミンCは風邪に効く?の真相。サプリメントはどれくらい効果ある?

栄養素の中で、まず初めに頭に浮かぶのはビタミンです。数あるビタミンの中でも、ビタミンCは話題になることが多いし、生活でなるべく摂取するように心がけている人も多いでしょう。

そして、周りの人が「風邪ひいちゃったんだよね…」っていう時、ビタミンCを勧めることがあります。サプリメントのビタミンCのこともあれば、フルーツやジュースでビタミンCが入っていそうな物を勧めますよね?

しかし、この「ビタミンCは風邪に効く」っていうのは本当なのでしょうか? そもそも誰がそういったのか…。

私はビタミンCのサプリメントを摂っていますが、風邪はたまに引くんだけど…どうなのかしら?

スポンサーリンク

「ビタミンCは風邪に効く」説の出どころは?

この説を唱えたのは、アメリカの量子化学者であり生化学者:ライナス・ポーリングです。この人、自称:医療研究者でもあります。

なんて書くと、怪しい感じがするかもしれませんが、化学結合の研究実績で1954年にノーベル化学賞を受賞しています。そして、なんとその後1962年には、地上核実験反対運動の業績でノーベル平和賞も受賞している! なんだかすごい人です。

そして、1970年に「ビタミンCと風邪」という本をアメリカで出版、ノーベル賞を2度も受賞している人の本として激売れ、それが今現在の「ビタミンCは風邪に効く」説の出どころなのです。

その本の中では、

①風邪だと思ったら、すぐにビタミンC500mg錠剤を飲む。

②その後は2時間おきに飲む。

③毎日グラム単位で大量摂取する。

としていたそうです。

しかし、この本の出版に当たり行われたビタミンCに関しての臨床実験は、かなり適当だったとの指摘があります。

「ビタミンCは風邪に効く」説のその後

ポーリングの説の後も、同じテーマでかなりの研究がされています。その中には、信用度の低いものもあったようです。ある研究者のチームは、数ある「ビタミンCは風邪に効く」説の信用度の高い論文を集めて、それを分析しています。

すると、おおむね言えることが、

「ビタミンCは風邪に効く」のではなく、「ビタミンCは、わずかに風邪を早めに治すことができるかもしれない」

ということだったのです。

「わずかに早めに治す」とは?

大多数の研究は、ビタミンCの風邪予防効果は疑問視しているといいます。予防にもならないなんて、ちょっとショックですね。

そして、「わずかに早く治す」とは「1~1.5日程度は…」という意味なのです。1日って言っても、10日のうちの1日と2日のうちの1日は全然違いますが…と思った私、さらに調べてみました。すると、あったんです。割合的な数字が!

なんと『8%』ほど早めに治るそう。「え? 8%って、どのくらいのこと?」と思ったあなた、具体的に言うと、3日間の風邪だとすると…6時間、早めに治ります、ビタミンCで!!

んー…なんとも微妙な数字ですね…。

わずか8%早くなるだけでも、ビタミンCを摂取したい人へ

もうひとつ、研究の分析からわかったのは、「ビタミンCはサプリメントではなく、自然に食べ物から摂取すべき」ということです。

先のポーリング博士は錠剤と言っていましたが、錠剤=サプリメントのビタミンCは、他にサプリメントの中に入っている抗酸化物質などとの相互作用で、実は5割ほど吸収率が悪いのです。

だから、わずか8%でも早く治る確率にかけたい人は、サプリメントではなく食べ物からビタミンCを摂取しましょう!!

ビタミンCの多い食べ物は、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、イチゴ、キウイフルーツ、グアバ、カキなどのフルーツ、ブロッコリー、カリフラワー、ピーマン、パプリカ、きゃべつ、ゴーヤなどの野菜があります。

のりや玉露(お茶)もビタミンCが豊富です。食事のメインになりそうなものだと、ハム類や牛レバーがあります。

まとめ

ちょっと思わぬ結果にがっかりした人もいたかも知れませんね。でも、自然のビタミンCは風というピンポイントでなくても、健康や美容にいいのには変わりありません。

まとめると…

  • 「ビタミンCは風邪に効く」説は、アメリカのノーベル賞を2回も受賞した博士の説。
  • しかし、その説は臨床試験も煩雑で、間違いと言える。
  • 「ビタミンCは、わずか8%早く風邪を治す」というのが、多くの研究分析結果。
  • サプリメントのビタミンCは、自然のビタミンCよりも吸収率が5割低い。
  • 自然の食べ物からビタミンCを摂取するのが一番

 

サプリメントに頼っていた私ですが、ビタミンCの摂取はフルーツと野菜のスムージーやジュースにかえようと思います。

スポンサーリンク

-健康