毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

害虫

トコジラミの駆除を自分で行う5つの方法。長期戦覚悟で挑もう!

2017/04/07

なんだかカラダがかゆい…。身に覚えのない赤いプツプツが腕や首に出ています。

これって何だろう? 特に寝ている時に気になるかゆみ。気持ち、腫れているような…。

この経験は、家族での海外旅行から帰ってきた時の話。旅行のおみやげに、なんとトコジラミを自宅に持ち帰ってしまった我が家。いろいろ調べて、結構長い時間と手間をかけて、なんとかほぼ駆除できたようです。大量発生する前に気がついてよかった。

そこで、我が家のトコジラミとの戦いをまとめてみます。

スポンサーリンク

まずは敵を知ろう! トコジラミって?

トコジラミは、別名:南京虫(ナンキンムシ)とも呼ばれる虫です。

人に対する被害は、「かゆみ」と「はれ」です。足や腕、首、腹部など、比較的柔らかい皮膚をやられるので、ますますかゆみが気になります。

トコジラミの被害に合うのは、圧倒的にベッドなどの寝る場所が多いのではないでしょうか? 家の中で潜伏が考えられる場所は、ベッドやタンスなど家具の隙間、布団などの寝具類や衣類、カーテン、畳の継ぎ目、壁紙、柱や床板、壁紙などがあります。

いつもは見かけない黒い小さな点々状の汚れをいくつか発見したら要注意。それがトコジラミの糞で、生息している場所を特定するポイントになります。

トコジラミ駆除には、合わせ技で挑む

トコジラミは大量発生する前で発生場所を特定できれば、成虫を駆除するのは比較的簡単なようです。しかし、問題は「卵」なんです。ものすごい数の卵を産むうえに、卵そのものは駆除が難しいらしい。

だから、トコジラミを自分で駆除しようと思ったら、ある程度繰り返して駆除しないと意味がなくなってしいますよ。

駆除1: まずはくん煙剤を!

壁などの広い範囲で発生しているトコジラミに効果的とされています。ですが、私が思うに、ベッドなどの狭い範囲の駆除をした時にトコジラミが逃げる可能性が高いので、くん煙剤は他の駆除と合わせた方がいい気がします。煙は隙間までは届かないハズですし…。なので、まめに使うことをオススメします。

まずは手軽なことからやってみてください。我が家では、この方法で少し被害がましになり、自分での駆除に俄然やる気が出ました。

駆除2: ベッド周りに殺虫スプレー

ネットやホームセンターには、トコジラミ専用殺虫スプレーが売られています。ベッドの隙間、ベッド枠とマットの間やマットの下、ヘッドボードとマットの間など、体に直接触れないところにスプレーするのが基本です。

注意書きをしっかり読んで、そのスプレーにあった使い方をしましょう。

駆除3: 畳の下やフローリングシートの下に粉末殺虫剤

意外と盲点なのが、畳やフローリングシートの下です。範囲が広いですし、ある程度の湿気がある場所なので、スプレーではなく粉末で駆除を試みるのが正解。

使ったことがある人が少ない殺虫剤かも知れませんが、ホームセンターやドラッグストアなど、比較的簡単に手に入りますよ。

駆除4: 床と畳を木酢液で掃除

殺虫剤と違い、人には害のない方法です。ちょっと大変かも知れませんが、小さいお子ちゃまやペットがいる家庭にはオススメです。

ホームセンターでも買える木酢液か竹酢液を2~3倍薄めて、床や畳をふきあげます。トコジラミが苦手なニオイだそうですよ。

駆除5: スチームクリーナー・アイロン活用

トコジラミを駆除する業者では、加熱と乾燥を重点的に実施しているそうです。特に、布団やベッドなどの布製品には、85℃~90℃の熱風で死滅させるのが一番なのです。

家庭でできる加熱殺菌的なものといえば、スチームクリーナーや乾燥機ですよね。ただ、乾燥機がある家庭は限られているかも。我が家では、ベッドリネン、カーテンなど大型布製品には近所のコインランドリーの乾燥機、小さめのもの、衣類にはアイロンのスチームを活用しました。

トコジラミの駆除頻度は最低でも1か月に1回が理想

トコジラミは、卵から成虫になるまでたったの約45日周期です。それに合わせて、駆除するのがベストですから、最低でも1か月に1回が目安。

我が家では、スプレーや殺虫剤は人に無害とは言い切れないので、月に1回。くん煙剤は月に2回。木酢液掃除は、最低でも週に1回。洗濯とスチームは、かなりまめにやりました。

海外旅行に行ったのが、夏休み。駆除はまだ暖かい時期だったのですが、我が家のトコジラミとの戦いは、3か月ほど。

その後も回数を減らして、予防としてやっています。

トコジラミが大量発生してしまった時には、自分での駆除はなかなか難しいようです。業者にお願いすると、数回のパッケージで5万円くらい~。

労力やコストを考えると、程度によっては専門業者にお願いする方がお安くできることも。なによりも家族の健康を考えれば、仕方がない時もありますよね。

まとめ

いかがでしたか? 南京虫というと遠い昔にいた虫のように聞こえますが、最近はトコジラミの被害、意外と耳にします。大量発生前なら、自分での駆除も不可能ではありません。

要は、根気。手間暇を惜しまずに、様々な方法を合わせて駆除しましょう。

まとめると…

駆除は合わせ技で、最低でも月に1回。

  1.  まずはくん煙剤を全体に!
  2. ベッド周りに殺虫スプレー
  3. 畳の下やフローリングシートの下に粉末殺虫剤
  4.  床と畳を木酢液で掃除
  5.  スチームクリーナー・アイロン活用

かゆみは、意外と我慢できないし、不快なものです。中には寝れない人も多いかも。

時間をかけてしっかりと駆除、いつも快適な自宅にしましょう!

スポンサーリンク

-害虫