毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

暮らしの小技

プリザーブドフラワーの日持ち期間は?長持ちさせる4つの心得

大切な人へのプレゼントや、母の日のプレゼントにぴったりのプリザーブドフラワー。

最近、とても人気がありますよね!

生花を貰うのも嬉しいですけど、長持ちするプリザーブドフラワーは、長く飾っておくことができるのでもっと嬉しいプレゼントですね。

生花のようにすぐに枯れてしまうという事がないプリザーブドフラワーですが、いったいどれくらい日持ちするのでしょうか?

日持ちさせるコツも併せて、ご紹介させて頂きたいと思います!

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーは一生ものではない

生きている花に、加工をして作るプリザーブドフラワーは、ドライフラワーのようにパリっとしたものではありません。一瞬、もしかして生花なの!?と見間違えてしまうほど、花びらが瑞々しいのが特徴です。

プリザーブドフラワーが、ある程度日持ちをするということから、「プリザーブドフラワーは、ずっと枯れることなくキレイなままなんじゃないの?」と勘違いしている方、実は結構多いのではないでしょうか?

生花よりも寿命は長く、通常なら1~2年は持つプリザーブドフラワーですが、管理の仕方が良くないと場合によっては2~3ヶ月ほどでダメになってしまう・・なんていうこともあるんです。

私も、プリザーブドフラワーは、ただ置いておくだけでいつまでもキレイなまま、観賞することができるものなんだと勘違いしていた一人です。

まさかそんなに早くダメになることがあるなんて、ちょっとびっくりしてしまいました。

では、いったいどのような事に気を付けたら、長くキレイな状態をキープする事ができるんでしょうか?

プリザーブドフラワーを日持ちさせるには・・

プレゼントに頂いた大切なプリザーブドフラワーを、少しでも長く飾っておく為に必要な事、気を付けた方がいい事を見ていきましょう。

直射日光に当てない!

飾るならやっぱり出窓に・・と、太陽の日差しが思いっきり入り込む窓辺に飾っていませんか?

これはNGですよ!確かに、何か飾る時は出窓に置きたくなっちゃいますよね。

でも、直射日光が当たる場所に置いておくと、どんどん花びらの色は変化してしまいます。

どんなものでも、日が当たるところにあると、色褪せていきますよね。

プリザーブドフラワーではないんですが、私も以前頂いた造花のアレンジメントを出窓に飾っていたら、見事に焼けて白っぽくなり、ダメにしてしまいました・・。

プリザーブドフラワーの場合も、同じことが言えるんですね。

色鮮やかな花を長く楽しむためには、直射日光が当たらない場所に置くことがポイントですよ!

湿気が多い場所も避けて!

直射日光がダメなプリザーブドフラワー、湿気にも弱いんです・・。

湿気を含んでしまうと、色褪せしたり、花びらがひび割れてしまうこともあります。湿気が多い所に置いたままにしておくと、1~2年でダメになってしまうこともあるんですよ!

洗面所に置こうかな?バスルームの近くに置こうかな?それはダメですよ!絶対やめて下さいね!

もちろん、生花のように水をあげよう!なんていう事もしないで下さいね。プリザーブドフラワーは、水やりの必要はありませんので、気を付けましょう。

乾燥しすぎもダメ!

湿気がダメなら、乾燥したところに移動・・と言いたいところですが、これもダメですよ!

ドライフラワーは乾燥したところがいいのですが、花びらの瑞々しさが特徴のプリザーブドフラワーは、乾燥したところが大嫌い!せっかくのキレイな花びらが、乾燥でパリパリに・・

酷い乾燥状態なら、花びらは割れてしまいます。

程よく水分を含んでいないと、花びらはダメになってしまうんですね。

プリザーブドフラワーに最適な湿度は、30~45%と言われています。

湿気もダメ!乾燥しすぎもダメ!思っていたより、置く場所選びは大変です・・。 

高温になる場所もやめて!

色々NGが多いプリザーブドフラワーですが、置く場所の温度にも気を付けなければいけません。

夏、ものすごく熱くなる部屋に放置・・これは寿命を縮める原因になってしまいます。

プリザーブドフラワーは、室温22℃以下の部屋に置いておくのが長く日持ちさせるコツ!

22℃以下・・夏場はどこも熱くなってしまうので、気を付けなければいけませんね。

まとめ

以上、いろいろとNG要素も多いプリザーブドフラワーですが、しっかりと管理をしてあげれば、7~8年持つこともあるそうです。

では、日持ちさせるポイントをまとめておきましょう。

  1. 直射日光をできるだけ避ける
  2. 湿気が多いところも避ける
  3. 乾燥させ過ぎない
  4. 高温にならないように気をつける

むき出しのままではなく、きちんと箱に入れて、日の当たらない廊下や、玄関などに飾るといいかもしれませんよ。

きちんと管理をして、少しでも長くキレイな花を眺めていられたらいいですね!

スポンサーリンク

-暮らしの小技