毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

健康

スーパーの惣菜は添加物だらけ?気になる健康への影響を教えます

私は過去にスーパーでバイトをしていた事がありました。

「18時になると半額になるから!」と一人暮らしの方や、主婦の方がお惣菜を求めて、たくさん来ていました。

当時は「明日に持ち越せないから」と惣菜部のチーフが毎日の様に、お惣菜を持たせてくれていました。

可愛がっていただいていたので、休憩中などに厨房に遊びに行くことがあり「袋から出して詰める」というお惣菜が、意外に多くてびっくりした事があります。

今になって考えると「もしかして添加物も多かったのかな?」と気になっています。

今回は、スーパーなどのお惣菜の添加物について紹介します。

スポンサーリンク

スーパーの惣菜にはどんな添加物が使われている?

あなたが思い浮かべる「これって添加物かな?」という物は何がありますか?

私が思い浮かべたのは、乗せた部分にしっかりと赤い色が残る梅干し、季節ではなくても1年中食べる事が出来る筍や山菜、赤いウインナーといった所でしょうか?

当時、私がバイトしていたスーパーで人気のあったのは「唐揚げ弁当」でした。

そちらを例にして、含まれていた添加物を紹介しましょう。

(内容:唐揚げ・野菜の煮物・漬物・ごはん)

唐揚げ

すでに衣が付いていて、油で揚げればOKの物で、形や色が整っていました。

加工地が日本なら「日本産」となるそうなので、どこの国の鶏肉かはわかりません。

いつも同じ揚げ色になる様に「カラメル色素」などが使われるそうですが、添加物は化学調味料位の様です。

野菜の煮物

私は根菜が好きなので、自分でもレンコンやゴボウの煮物を作りますが、アクで真っ黒になりがちです。

お弁当に入っていた物は、色が白く味も薄味でした。

アクを取るために「次亜塩酸ナトリウム」という添加物で漂白され、味のついた状態の大袋で使われていました。

保存料として「ソルビン酸」も含まれていたと思います。

漬物

黄色だったりピンクだったり、色のアクセントとしては綺麗ですが、こちらにも着色料や保存剤としてのpH調整剤が含まれていたと思います。

ごはん

「当店のお米は○○産を使用しています」と表示してある店舗が多いですが、やはり真ん中に乗っている「梅干し」には合成着色料や酸味料が添加されています。

こうやってみると、本当にお店で・・・というのはご飯だけみたいですね。

スーパーのお惣菜は体に悪いのか?

どの添加物も「日本で使用が許可されている」と言われてしまえばそこまでなのですが。

私のお友達が定食屋さんとデリバリーのお店をしているのですが、お料理のボリュームもさる事ながら、味も地域の方に愛されているお店で、年末には多くの「お節風オードブル」の注文を受けています。

「年末は毎日徹夜」と言いながら一人で切り盛りされているのですが、本当に全てが手作りで添加物や化学調味料や「○○風調味料」なども使用しません。

中には「もっと手抜きすれば?」という同業者の知り合いの方もいるそうなのですが、それをしない理由を聞いて「ゾッ」とした事があります。

1度体内に入った添加物は、排出される事無く、体内に蓄積されていきます。

「そうなるとね?防腐剤の効果で遺体が腐りにくくなって来てるんだって」と、その知人も葬儀関係の仕事をしている常連さんから「昔より、ご遺体安置の際のドライアイスが少なくて済む様になった」と聞いて以来「完全手作り」にこだわりを持たれていました。

そして、コンビニのおにぎりやお惣菜の保存料に使われている「ポリジン」は強力な効果から、台所やトイレの除菌剤としても使われています。

そんなに強力なら、菌だけでなく私達の体にも影響がないか心配になりますね。

要注意!添加物以外の落とし穴

添加物以外にもスーパーやファストフード、コンビニには体への影響が心配な物があります。

■油

大手のファストフード店などには「○回使用したら油を交換しましょう」という決まりがありますが、スーパーや個人経営の店舗では古くなり酸化した油に新しい物を継ぎ足して使用されています。

酸化した油は下痢などのすぐに出る症状や、細胞に関係する影響までを引き起こす可能性があります。

■カット野菜

コンビニでレジ前のホットスナックにカット野菜をプラスしたら夕飯完成!と私もよく利用していたのですが「すぐに使える状態」にカットされていて、栄養が逃げているそうです。

千切りは苦手ですが、出来るだけ自分で切ろうと思います。

■人工甘味料

ゼロカロリー=太らないというイメージでついつい飲み物などを選んでしまいます。

ゼロカロリーの甘さでも体は「甘い」と判断するため、血糖値は上昇します。

少量で砂糖数倍分の甘さを持った「人工物」ですから、こちらも「添加物」の1つとして注意が必要ですね。

まとめ

調理を簡単しにたり、均一性を持たせたりと、お惣菜には添加物が使用されています。

国が認めた物ですが、摂取し続けると体内に蓄積し、影響がでる事もわかりました。

添加物以外にも油や甘味料などを使用したお惣菜などの場合、体に影響がでる事がありますので、合わせて注意したい物ですね!

スポンサーリンク

-健康