毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

妊娠

妊婦さん必見!引きこもりで「うつ」になる原因とその対処法

ずっと待ち望んでいた赤ちゃんが出来て、とっても嬉しい毎日!!

だったはずなのに・・

なんだか妊娠してからというもの、気持ちが落ち着かないし、イライラする・・

どうしてなの!?

このように、幸せなはずの妊娠中に、「うつ」を発症してしまう事があります。

この時期に起こる「うつ」は、いったい何が原因なんでしょうか?

今回は、妊娠中に起こる「うつ病」について、詳しくお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠中の「うつ」はどうして起こる?

結婚して、ついに赤ちゃんが出来て、産まれてくるのが楽しみ!と思っていたのに、なんだか毎日気持ちが不安定で怒ってばかり。

何かをする気にもなれなくて、ずっと家に引きこもってしまっている・・。

このような事が、妊娠中に起こることがあります。

これがどんどん酷くなっていくと「うつ病」になってしまうんですね。

ホルモンバランスの乱れやつわりが原因に

妊娠3か月頃になると、つわりが始まります。

とても軽くてすむ人と、立っていることも出来ないくらい酷くなってしまう人もいます。

酷くて何もできない場合、毎日寝てばかりになってしまい、助けてくれる周囲に迷惑をかけていないか・・と、罪悪感ばかり感じるようになってしまうことがあります。

それどころか、だんだんと「自分はダメだ」などと感じるようになっていくことから、「本当に子供を育てていけるのか」という不安も生まれてきてしまうんですね。

私の場合は眠気が酷く、一日のほとんどを横になって過ごしていたので、何だか怠けているような気持ちになったことを覚えています。

最悪の場合、このような事がきっかけでうつ病を発症してしまうようですね。

その他にも、妊娠するとホルモンバランスが乱れ、体調が悪くなると共に心のバランスも崩れていくということが原因になってしまいます。

体重管理が原因になることも

妊娠中期、いわゆる安定期には、赤ちゃんの状態も安定していて、ママの体調も落ち着いてくる頃です。

この時期には、気持ちの面でも安定してくるので、比較的過ごしやすい時期と言えるでしょう。

でも、中期だからといって、絶対に大丈夫!というわけではありませんよね。

初期の不安定な気持ちをまだ解消できずにいると、そのまま中期になっても辛いまま・・ということもあります。

その他にも、体調が安定したことで食欲が増し、体重が増えすぎてしまうという新たな悩みが生まれてしまい、このことがまたきっかけになって・・という事もあるので注意が必要です。

出産に対しての恐怖心が引き金に

出産が近くなり、「その痛みに耐えることができるのか?怖い!」「無事産まれてくるのかな」など、いくつもの恐怖や不安な気持ちが押し寄せてくる時期です。

気持ちが不安定になる上に身体も重くなってきて、少し動くのも大変なこの時期は、初期同様引きこもることが多くなってしまい、余計に状態は悪化しやすくなります。

そして、出産=とても痛いということから、ネットで色々検索したり、雑誌で色々見てみたり・・。

不安を解消するために調べているのに、知らなくていい事まで頭に入ってしまい、それが余計に不安を掻き立てる事になってしまうという悪循環が起きてしまうんですね。

この時期にうつを発症すると、産後も引きずりやすいので注意が必要です。

私もよく、色々と調べては怖くなっておかしな夢を見たり、ちょっと余裕がある時には逆に楽しみになったり・・。

妊娠後期は、浮き沈みの激しい日々を送っていました。

一番の対処法は「周りに頼る」こと

このように、妊娠中にうつになってしまった場合は、どのように対処したらいいのでしょうか?

一番大切なのは、「一人で抱え込まない」という事です。

どんな小さな事でも、ため込まずに誰かに相談していれば、心が晴れていくことでしょう。

誰とも話したくない、外に出るのもイヤ・・

このような状態では、良くないことばかり考えてしまいがちです。

まずは、「話をする」という事から始めてみて下さい。

イライラは増すばかりでは、ご主人に当たってしまうこともあるでしょう。

男性は当然ながら、妊娠・出産を経験することはできません。

ですから、女性の辛さがはっきりとはわからないものなんですね。

私も妊娠中、何度となく主人に八つ当たりをしていた気がします。

私一人、身体が変化し、出産の恐怖に怯える日々の中、あまりに今までの生活スタイルと変わらない主人が、羨ましくもあり、ずるいなと思う気持ちもあり・・。

訳も分からず泣いたり怒ったりしていました。

でも、私はなるべくその気持ちを、抱え込むことなく素直に伝えるようにしていたので、うつになることはありませんでした。

あのまま我慢していたら、私もうつ病になってしまっていたのかもしれませんね。

やはり、人と話をする、コミュニケーションを取ることは大切なことです。

少しでも外の空気を吸って、誰かと会って話をすることで、とてもいい気分転換になるはずですよ。

まとめ

妊娠中は、色々なことが不安になってしまうものですよね。

でも、どんなことでも一人悩まずに、周りにいる人たちに相談してみましょう。

遠慮せずに、甘えてみることも大切です。

無理をして我慢し続けてしまうと、状態を悪化させることになります。

何かいつもと違うな?おかしいな?と感じたら、早めに相談することをおススメします。

スポンサーリンク

-妊娠