毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

ファッション

知らない人は要注意!!新しい服を洗濯するべき意外な4つの理由とは?

「あなたはどっち?”洗濯する派”と”洗濯しない派”」

新しい服を買ったあと、1度洗濯してから着ますか?

それとも洗濯せずにそのまま着ますか?

賛否両論、意見が別れますよね・・・

実は私、洗濯するのかしないのかで夫と喧嘩になった事がありまして・・・

私は”洗濯する派”で、夫は”洗濯しない派”でした!

そこで今回は、新しい服を買ったら洗濯するべきかどうか、徹底的に考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

洗濯する派と洗濯しない派に別れる理由

まず基本的に「洗濯しない派」には、次のような理由が考えられます。

  • 新しい服のパリっと感が好き
  • 洗濯して新しい服を傷めたくない
  • 洗濯するという考えがなかった
  • 特に気にならない
  • 洗濯代が勿体無い

うむ、たしかに納得・・。

「新しい服なのに、なんで洗う必要があるんだ!」と言われれば、思わず納得してしまいそうですよね。

 

しかし、それでも「洗濯する派」としては、こんな理由があるのです!

  • 色んな人が触れているので手垢など衛生面が気になる
  • お店の臭いが服に付いているのが嫌
  • 気分的に一度洗濯してから着たい
  • 服に付いている埃や糊など落としたい

どうですか?

細かいことでも気になりだすと「洗濯するべきかも!」なんて思えてきませんか?

新しい服を洗濯するべき4つの真実

さて、洗濯する派と洗濯しない派、どちらの意見も納得できるのですが・・・

それでも、私は1度洗濯してから着ることをオススメします!

なぜなら新しい服には以下のような事が隠されているからです!

①服の保管状態があまり良くない?!

私は以前アパレル関係で仕事をしていたのですが、商品が店頭に並ぶまでの過程を知っていますか?

ビニールの袋に梱包された服がダンボールに入った状態で届きます。いくら梱包されているとはいえど、そのダンボールは床に置かれますし、何よりバックヤードはかなり埃っぽい事が多いのです。

ダンボールなどの紙の資材と服はダニにとっては絶好の住処です。

商品を袋から出して、検品している時にもし商品を床に落としていたら・・・

その落とした服にダニが・・・なんて事もあるかもしれません・・・

②アレルゲン物質が含まれているかも

新しい服に含まれるアレルゲン物質は、大きく分けて染料とホルムアルデヒド樹脂という2種類あります。その合成繊維材料の多くはアゾ・アニリン染料で染色されています。

この染料アレルギーを持つ少数の人には、深刻な皮膚反応を引き起こす可能性があります。アレルギーのない人でも、ごくわずかな炎症や乾燥など皮膚の部分的な痒みを引き起こす可能性もあります・・・

私の子供がアレルギー性皮膚炎なので、新しい服は必ず一度洗濯してから服を着せるようにしています。小さなお子さんがいるご家庭では特に気をつけてほしいです。

③裁縫工場の衛生状態が良くない

手作りや、一点物は大量生産が難しいなどで例外かもしれませんが、同じデザインの服の多くは、一定以上の品質管理が可能な海外の縫製工場で作られています。日本だと中国で作られる事が多いですよね。

その縫製工場ですが、食品とは違い工場や作業員の衛生面があまり厳しくないのです。

そのため、布地の生産現場は埃まみれだったり、原反を床に直置きすることがあるとか・・・

土足で作業しているところもあるようなので、トイレに行ったその足で・・・なんて事も!

また、多くの作業員が洋服作りに参加しているのですが、手洗いは必須ではないらしいです。流石に手を洗ってください!と言いたいですが・・・

海外と日本では衛生面に対する価値観に違いがあるのかもしれませんね。

④洗濯糊がついている

新しい服には、洗濯糊付いている事があります。

新しい服のパリっと感があるのは、洗濯糊がついているからなのです。

その洗濯糊ですが、汗や水の吸着性が非常に悪いです。

汗やを吸わない服は、正直着心地が悪くて着たくないですよね。

更に、それが原因で肌が痒くなる事も・・・!

しっかり糊を落としてから着るようにしてくださいね。

洗濯したくても出来ない服はどうすればいいの?!

デニムやジャケット、帽子、ファー、ドレスなど簡単には洗えないものもありますよね。

洗うと色落ちしてしまったり、型崩れが気になるものなど・・・

まずは天日干しして、風通しをします。

肌に触れる部分を太陽に当てるほうがいいので、裏返して干してくださいね。

それでも気になる場合は、スチームアイロンを使ってみてください。

まとめ

実は私は元々、新しい服を”洗濯しない派”だったのですが、アパレル業界で働いた事がきっかけで”洗濯する派”になりました。

  1. 服の保管状態があまり良くない
  2. アレルゲン物質が含まれているかも
  3. 裁縫工場の衛生状態が良くない
  4. 洗濯糊がついている

この記事を読み終えて、”洗濯しない派”が”洗濯する派”に変わりましたか?

新しい服を洗濯するのは、潔癖というわけではありませんよ!

これからは新しい服を着る前に洗濯してみてくださいね。

スポンサーリンク

-ファッション