毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

藻塩は格別に旨い?普通の塩との違い・作り方・体に嬉しい効果とは?

2017/08/02

先日、瀬戸内海の島めぐりにいった友人からお土産をいただきました。淡いベージュ色の粒が大きな塩で、見た目だけでも自然!! な風情の塩です。

我が家では、岩塩やヒマラヤ塩など自然塩をいくらか揃えているのですが、これは初めてみた塩です。

「藻塩(もしお)」って、みなさんご存知ですか?

パッケージの説明書きによると、なんと古墳時代に作られていた塩が、今復活!的な…。

これは興味深い!

というわけで今回は「藻塩」についてまとめてみます。

スポンサーリンク

藻塩とは?どんな塩?

この藻塩、古墳時代にはメジャーな塩だったようですが、その製法がわからなかった塩だったそうです。

しかし、1984年に広島で見つかった塩を作るための土器から、製法を復活させて、なんと1000年ぶりに藻塩が復活したのだとか。なんだかロマンあふれる塩ですね。

日本で一般的な自然塩のほとんどは、海水から作られているものがほとんどです。でも、この「藻塩」はその名前の通り、海藻を使う製法なので、塩には海水からの成分だけではなく海藻からの成分も入っている贅沢な自然の塩なのです。

藻塩の淡いベージュ色は、この海藻からの成分、いわゆる旨み成分なのです。なんでも、一流料理人でも好んで使う人もいる塩なのだそうですよ。

私がもらったのは、上蒲刈島という瀬戸内海のひとつの島で、広島県らしいです。

藻塩は今では全国いろいろなところで製造されていて、淡路島、長崎県壱岐村上、対馬の灘などの藻塩も有名です。

気になる藻塩の味は?

さっそく、お土産にもらった藻塩を試食してみました。

かどがない塩気の中に、確かに海藻の旨みを感じます。

まろやかな塩というところです。

美味しい天ぷらのつけ塩によさそうな予感がしますよ。

藻塩の色の秘密

藻塩のベージュ色には、海藻由来の成分 : ヨードや、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富なのです。

それでいて、塩分濃度が低いのだそう。でも、旨みがあるので、塩気が少ないのは全く気になりません。

むしろ、この味で塩分濃度が低いのは注目するべき点かも知れません。

塩分の摂り過ぎは成人病の原因にもなるので、塩分過剰摂取のコントロールによさそうですよね。

古代からの藻塩の製造法って?

なんせ、古墳時代からあった藻塩、今どうやって作られているのか気になりませんか?

藻塩には、「ホンダワラ」という海藻が使われます。ホンダワラは乾燥させ、海水はろ過して濃縮します。濃縮海水に、何度も乾燥ホンダワラを浸し、海藻の旨みがでた“かん水”を作ります。

そのかん水を6~8時間煮詰めていくと、だんだんと塩が結晶していきます。結晶を遠心分離機にかけ余計な水分等を飛ばして、その後焼釜に移します。さらさらになるまで、焦げないように混ぜながら、じっくりを時間をかけて焼いていけば藻塩が出来上がります。

海水を煮詰めるだけの塩よりも、ひと手間かかっているからこそ、栄養分、旨みが豊富な塩なんですね。

藻塩はどんな料理に合うの?

私的には、試食をしたときに、まず思いついたのは天ぷらのつけ塩にする! まだ実際に試していませんが、かなり美味しいはずです。

ほかには、おにぎりはもちろん、酢のものに使っても、旨みがいい感じに際立ちそうな気がします。

今流行のパワーサラダには、シンプルにオリーブオイルとビネガーですが、そこにこの藻塩をひとつまみ入れるといいかも!

シーフードを使ったパワーサラダなら、なおさら相性がいいのではないでしょうか?

蒸し鶏やグリルドチキン、ビーフやポークステーキにも絶対合いますよ。

ほかのおすすめの藻塩の使い方がある!!

海藻由来のミネラルが入っている藻塩なので、美肌や髪の毛にもいいのです。

食べることしか考えていなかった私には新鮮なアイデアですが、バスソルトのように浴槽に入れるだけでいいんですよね。ちょっと贅沢なバスタイムになりそう。

ミネラルでお肌つやつやになります。冷え性の人には嬉しい、体の芯から暖まる効果も期待できます。

藻塩にはちみつを少量の水を入れて、髪の毛をパックするのにも使えたりします。海藻から作ったシャンプーやコンディショナーがあるくらいですから、成分が髪の毛をキレイにしてくれるんですね。

塩の効果で頭皮の汚れをディープクレンジングも、同時にできるのも魅力です。

まとめ

お土産にいただいた藻塩、あれやこれや使い道があって嬉しい逸品です!

まとめると…

  • 古墳時代からある「藻塩」は、海水+海藻でできている。
  • まろやかな塩気に、海藻の旨みを感じられる藻塩!
  • 藻塩の淡いベージュ色は、海藻の旨み成分の色。
  • ホンダワラという海藻と海水を煮詰めて藻塩ができる。
  • おすすめの食べ方は、天ぷらのつけ塩。おにぎり、酢の物、ドレッシングやお肉にもOK!
  • 海藻からのミネラルが豊富なので、バスソルト、髪の毛パックとしてもおすすめ。

久しぶりに「これだっ!」と思える自然塩に出会いました。藻塩を通販で買っちゃいたいくらい美味しいです。是非、みなさんも試してみてください。

スポンサーリンク

-食関連