毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

小麦粉を食べると腹痛に悩まされる!それはグルテンが原因だった?

私はもっぱら、朝ごはんは「パン派」です。

お気に入りのパン屋で、前の日に食パンやバターロールを買って帰るのが日課です。

職場ではクッキーやパウンドケーキ、マドレーヌなど、ちょっとした焼き菓子がいつも置いてあって、ついついつまんでしまいます。

野菜不足にならないように、サラダを食べたり野菜ジュースを飲んだり、体のこともちゃんと考えてはいるのですが……

最近、パンを食べたり、焼き菓子を食べたりすると、お腹が痛くなるんです!

賞味期限がぎりぎりのものも、火の通りがあまいものも食べた覚えはありません。

でも、おにぎりなど、ごはんものを食べると、なんともないんです。

そういえば、昨日はうどんを食べてお腹が……あれ?

パン、焼き菓子、うどん……これって、全部「小麦粉」からできてませんか?

牛乳やヨーグルトをたくさん食べるとお腹を壊すなんて話はよく聞きますが……小麦粉?

小麦粉を食べて、お腹が痛くなるなんてことがあるんでしょうか?

あなたも、パンやうどんを食べて、原因不明の腹痛に襲われていませんか?

そこで今回は、小麦粉を食べてお腹が痛くなることがあるのか、さらにその原因から解決方法までご紹介します!

 

スポンサーリンク

小麦粉にふくまれる「グルテン」が腹痛の原因だった!?

小麦粉を食べて、お腹が痛くなることなんてあるんでしょうか?

たまたまお腹の調子が悪かっただけ。

ついつい、そう考えてしまいがちですが、小麦粉を食べてお腹が痛くなることは、実際に起こりえることだったのです!

 

その原因は「グルテン」。

聞いたことがある!という方も多いのでは?

雑誌でもよく、グルテンフリーダイエットの特集を見かけます。

 

ダイエットっていうと、体重を落とすことが目的に思われますが、本来のグルテンフリーダイエットの趣旨はちょっと違います。

グルテンフリーダイエットは、グルテンを摂取しない食生活をすることが目的なのです。

 

では、このグルテンとはいったいなんなのでしょう?

グルテンとは小麦に含まれる植物性タンパク質の一種のこと。

小麦粉と水を一緒にこねる時に、グルテンが生成されます。

 

つまり、パン、焼き菓子、うどんなどの麺類、餃子や春巻きの皮、さらには麦を主原料とするビールにいたるまで、グルテンがふくまれているんです!

 

小麦粉を使った食材を食べると、お腹が痛くなるのなら、このグルテンが腹痛の原因になっているのかもしれません!

 

スポンサーリンク

グルテンで腹痛のメカニズム。その1「セリアック病」

グルテンで腹痛……医療機関ではまっさきに「セリアック病」が疑われます。

セリアック病とは、腸内でのグルテンへの免疫反応をきっかけに起こる、自己免疫疾患のことです。

 

ちょっと、難しく聞こえるかもしれません。

なので、セリアック病の人がグルテンを含まれた食品を摂取した場合、体内でどのような反応が起こっているのか簡単に説明したいと思います。

 

セリアック病の人がグルテンを含まれた食品を摂取すると、小腸の細胞に炎症を起こしてしまいます。これはグルテンに反応した免疫が、自分の小腸を攻撃してしまうからなんです。

この炎症が、腹痛をはじめ、下痢や便秘、腹部の膨張感などの原因になります。

 

さらに炎症が起きて小腸から栄養が吸収できなくなり、栄養失調に陥ることもあります。

場合によっては、カルシウム不足になってしまい、骨粗鬆症や消化器系のがんの原因にも!

 

セリアック病と診断されると、医療機関では、すぐにグルテンの摂取を禁じられます。

 

グルテンで腹痛のメカニズム。その2「グルテン過敏症」

グルテンで腹痛を起こす原因はセリアック病ばかりではありません。

グルテン過敏症ということも!

 

グルテン過敏症の人は、グルテンを摂取すると、セリアック病と同様、腹痛や下痢、便秘、腹部の膨張感などの症状が出ます。

グルテン不耐症とも言われるグルテン過敏症は、グルテンに含まれるグリアジンという成分に身体が過敏に反応して、腹痛などの不調を引き起こします。

 

これは人間が生まれた時から持っている「自然免疫」が作用して発生しています。

自然免疫は病原菌やがん細胞などを、身体が自動的に攻撃する免疫システムです。

グルテンに対して、この免疫システムが働いてしまったことで、腸内に炎症を起こしてしまうのです。

 

小麦アレルギーのように、アナキラフィシーショックを起こすわけではありません。

なので、体調不良として症状を見過ごしてしまう人もとても多いんです。

 

でも、このグルテン過敏症が悪化すると、「セリアック病」となってしまうことも多いんだそう。

 

スポンサーリンク

現代の小麦製品はグルテンがいっぱい!?

イギリスの統計では70年前には8000人に1人というセリアック病患者の割合が、現在では100人に1人という割合にまで増えています。

フィンランドでは、ここ20年でセリアック病の発症率が倍になったというデータもあります。

 

しかし、米を主食とするアジア圏では、セリアック病の患者はとても少ないのです。

それでも、食の欧米化が進み、ごはんを食べない日があっても、小麦を食べない日はない!というくらい、小麦製品を食べるようになった日本では、年々セリアック病の患者数は増えています。

体調不良で、セリアック病やグルテン過敏症だということに気付いていない人もたくさん!

 

しかも、最近の品種改良された小麦が、以前のものよりも多くグルテンを含んでいることがわかってきました。

昔の日本人も、うどんやおだんごを食べていましたもんね。

でも、その時の小麦と今の小麦は、品種が変わってしまったのです。

 

さらに、工場で作られる小麦製品は、機械によって高速で練り上げることで、グルテンが多く生成されているといいます。

現代の小麦製品には、グルテンがより多く含まれている可能性があるんです!

 

小麦粉を食べてお腹が痛い時の解決方法は?

小麦粉を食べてお腹が痛くなるのは、もしかしたらグルテンが原因かも!

では、どう解決すればいいのでしょう。

 

答えは簡単です。

1度、グルテンの摂取を控えることです。

 

パンやめんが好きな人は、少し辛いかもしれません……

でも、1週間、2週間ほど続けてみましょう!

日本食ならグルテンフリーで、お腹もいっぱいになれるのでおすすめです。

 

もしも、これで腹痛のほかにも、便秘や腹部の膨張感などが解消されたのなら、セリアック病やグルテン過敏症の可能性が考えられます。

 

私もさっそく、グルテンフリーの食生活を実施しました!

朝ごはんは雑穀米にお味噌汁、魚などのおかずに、お浸しや白和え、お昼ごはんもスープジャーに味噌汁を用意して、おにぎりと一緒に食べました。

もちろん、焼き菓子はがまん!

そのかわり、煮豆をおやつがわりにしたり、どうしてもお菓子を食べたくなったら、ゼラチンと豆乳できなこプリンなどを手作りして食べました。

夕ごはんは雑穀米にお味噌汁、お肉を使ったおかず、根菜の煮物など、何だか、一昔前の日本人に戻ったよう。笑

 

グルテンフリー食生活をはじめてから、腹痛は起こらなくなりました!

ずっと悩まされていた便秘もよくなって、便秘薬も飲まなくなりました。

それに、胃痛がひどくて胃薬を常用していたんですが、こちらもよくなりました。

 

もしかしたら、私も、グルテン過敏症だったのかもしれませんね……

今は、たまにパンやお菓子も食べますが、和食や手作りのおやつという食生活にシフトしています!

 

まとめ

  1. 小麦粉を食べてお腹が痛くなるのは、グルテンが原因かも!
  2. グルテンが原因の「セリアック病」で腹痛!
  3. グルテンが原因の「グルテン過敏症」でも腹痛!
  4. 現代の小麦には、グルテンがより多く含まれています!
  5. 解決方法は、グルテンフリー!まずはグルテンの摂取を控えて、本当に原因がグルテンなのか確かめましょう。

小麦粉を使った食事を口にするたびにお腹が痛くなっているのなら、あなたももしかしたらセリアック病やグルテン過敏症かもしれません!

グルテンフリーの食生活は、健康にもいいです。

まずは1度、グルテンの摂取をひかえてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

-食関連