毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

おもしろ雑学

使用済み切手の価値はどれくらい!?もしかしたらお宝があるかも

life153

手紙を出す時に必ず貼り付ける切手。

色々な国の切手、何かの記念の時に発行された記念切手など、切手にはたくさんの種類があります。

それらの切手を収集しているのが「切手コレクター」と呼ばれる方たちですが、皆さんは未使用の切手だけが価値のあるものだと思っていませんか?

私も、消印が押されたものは当然何の役にも立たないと思っていました。

稀に、消印がずれて使ってないみたいになっているものがあって、それを見付けたらラッキー♪くらいなものでした。

手紙が送られてきた時には、その切手の上に消印が押され、「使用済み切手」となります。

この消印が押されてしまった使用済み切手にも、実は価値があるってご存知でしたか?

今回は、どのような使用済み切手に価値があるのかを色々とご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

消印が押されていてもゴミではない!?

life154

全く何も使っていないきれいな状態でとても珍しい切手だったら、売ってお金になる・・というのは皆さんご存知のことだと思います。

ですが、手紙を送るために貼りつけて消印を押されたものは、もう使うことが出来ないから特に意識することもないですよね。

でも、この消印が押された切手こそが、とても価値のあるものだという事を知っていますか?

もちろん、どんな切手でもいいというわけではありません。切手の種類によっては、全く価値のないものもあります。

では、どんな切手なら使用済みでも価値のある切手なのでしょうか?

 

まず、やっぱり貴重だと言えるのは、世の中にあまり出回っていないものでしょう。

大量生産されていなくて、持っている人が少なければ当然価値があるということですよね。

そして、その他の注目ポイントと言えば、「消印」ですね。

この消印にこそ価値があるんだ!というコレクターも結構多いようです。

どこで押された消印なのか・・ということもポイントになるんだそうですよ。

人気のある郵便局で押された消印だと、より価値が上がるんですね。

郵便局が、あえてコレクターに向けて消印を押したものを販売するという事もあるようです。それだけ人気があるという事ですよね!

中には風景印というものがあって、それはさらに人気のようです。

そして、新しい切手の発行日には「初日印」というものが押されるんですが、これもまたコレクターに人気の消印です。

発行日にしか押されない消印ですから、これはとても貴重ですよね。

さらに、消印の押し方にも重要な注目ポイントがあります。

「満月消し」と呼ばれる消印!

この満月消しというのは、はみ出ることなく切手の枠の中に納まるように、きれいに押されたもので「満月」と呼ばれ、とても貴重なものなんですよ!

なかなかきれいに枠内に納まっているものは少なく、レアな切手となると尚更見つけにくいことでしょう。もし見つけたら、かなりラッキーかもしれませんね!

 

他に人気の切手と言えば、「中国切手」でしょう。

日本では、昔から中国切手がとても人気なんですよ。

価値のある中国切手は、1949年以降に発行された「新中国切手」というものです。

たかが切手・・と思うかもしれませんが、とても鮮やかできれいな絵が多いのが特徴です。ただ、稀にニセモノが混ざっていることもあるようなので、注意してくださいね!

 

そして使用済みの切手は、人助けも出来ちゃうんですよ。

色々な団体が取り組んでいることなんですが、例えば「日本キリスト教海外医療協力会」は、使用済み切手を大量に集めて、それを切手コレクターに売って資金源にしています。

1㎏で1000円くらいになるそうですよ。

自宅にある使用済み切手を、寄付するのもいいかもしれませんね!

売る時はどうしたらいいの?

life155

手元にある使用済み切手は、いったいどこに売ったらいいんでしょうか?

どれくらいの金額が妥当なのか、あまりよくわからない・・という方は、ネットで買取価格を調べてみましょう。

より高く、そして信頼できる所を見付けて買い取ってもらいましょうね!

オークションもおススメです!

レアな切手の場合、競って高額になることも・・!?

売る場合に気を付けなくてはならないのが、間違って消印を切ったりしてしまわないように!ということです。

なるべくなら台紙から切り取らず、そのまま売った方がいいでしょう。

間違っても水に浸して取る・・なんてことはしないでくださいね!

まとめ

  • 使用済み切手には、お宝が隠れてるかも!?
  • 消印がポイント!
  • 売る時は、なるべく台紙に付いたままで! 

今まで全く気にしなかった使用済み切手に、実はお宝が混ざっているかもしれないことがわかりましたね。

1960年以降の切手は、切手ブームの影響からほとんど価値が無くなっていると言われていますが、まだまだ貴重なものはたくさん隠れています!

自宅の片隅で眠っている古い手紙の中に、もしかしたら貴重な切手が眠っているかもしれませんよ。私も、これからはちょっと気を付けて見てみようと思います!

あなたもぜひ、探してみて下さいね!

スポンサーリンク

-おもしろ雑学