毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

おもしろ雑学

「気が置けない」「気の置けない」の意味と違い、正しい使い方とは?

たまに、日本語が流暢なメールをくれるアメリカ人のマイケル君は、学生の時に日本語の家庭教師をしてあげてた友人であり、英語を教えてくれた私の家庭教師でした。

でも、毎回マイケル君からメールがくると、構えてしまうのです。だって、日本語の難しい質問なことが多いのです。もうほぼ完ぺきに読み書きもできるんだから、細かいことを気にすることはないのに…。

案の定、今回も難しいお題が来ました。

「気が置けない」?「気の置けない」?どっちが正しいの?これって、いい意味と悪い意味があるみたいだけど、2つも意味あるの?

これは、んー…難しいですね。。

というわけで今回は「気が置けない」「気の置けない」の正しい使い方や意味を紹介します。

スポンサーリンク

「気が置けない」「気の置けない」、正しいのは…

結論からおおざっぱに言うと、『どちらも間違いではない』と言えます。

一般的には、「気が置けない」で使うのではないでしょうか?でも、「気の置けない」と言われても通じるし、そう違和感はないと思います。

本来は、区別があります。「気の置けない」の後には名詞がつきます。「気の置けない仲間」「気の置けない人」など。

今では、「背の高い男性」とも「背が高い男性」とも表現します。

「気の置けない仲間」と「気が置けない仲間」もそれと同じように、一般的にどちらも使われるので、正しいとされています。言葉は人が使いやすいように使うのが、一般化されるものです。

それに対し、「あの人は昔からの親友で、気が置けない。」などのように動詞的に使う場合には、(が)が正解です。(の)にしてしまうと、違和感があります。

だから、文章に違和感がないのであれば、どちらを使ってもOKということになります。

ここでは、一般的な「気が置けない」の表記で説明します。

「気が置けない」の正しい意味とは?

マイケル君が言うように、「気が置けない」は、人によって意味が違う使い方をされることがあります。

  1. 他人行儀な距離感がなく、気を遣ったり気兼ねしたりする必要がないほどに親密であるさま。
  2. 油断できないさま。警戒心を持っているさま。

※まれに、打ち解けにくいさまの意味で使う人もいます。

これ、意味は①が正解です。②は完全な誤解からの間違った意味なのです。

「気が置けない」の意味①が正しい理由は?

「気が置けない」の「置けない」は、「置ける」の否定形なのはわかりますよね。

この「置ける」は、自発(自然と言ったほうがわかりやすいかも…)動詞=自然できる動作を表現しています。

「気が置けない」の「気」は、相手への配慮や遠慮のことを指しています。

仲間との間に、自然と遠慮や配慮を置くことさえ忘れてしまうほど仲がいいさま=自然にはそういう「気」を「置けない」ことから、「気が置けない」が成り立っています。

実は、今では使われませんが、かつては「気を置く」を「気を使う」という意味で使っていたのです。

意味②が間違っている理由は?

「気を置く」が「気を使う」の意味があることを知らない世代は、意味②での間違いをおかしやすいと言えます。

また、今の世代は「置けない」を、例えば「書く」の可能動詞「書ける」などと同じように、「置ける」の可能動詞の否定形と理解する傾向にあります。

すると、略をしないで表現すると「気が置くことができない」となり、意味②の間違った使い方をしてしまいます。

意味②の正しい表現は、「気を許す」の否定形で「気を許せない」ですよね。

まとめ

「気が置けない」の意味は知っていましたが、かつて「気が置ける」と使われていたとは意外です。

日本語って、本当に難しいですね。

まとめると…

  • 「気が置けない」「気の置けない」は文章に違和感がなければ、どちらでも正解。
  • 意味は、“気を遣ったり気兼ねしたりする必要がないほどに親密であるさま”のひとつだけ。
  • 「気」は遠慮や配慮の意味、「置けない」は自発動詞の否定の用法と理解する。
  • 「気が置ける」は「気を使う」の意味で昔は使われていた。
  • “油断できない、警戒心をもっているさま。打ち解けられないさま。”の意味は間違い。
  • 間違いの原因は、「置けない」を可能動詞の否定形と理解するから。
  • 間違った意味に相当する言葉は、「気を許せない」。

文化庁の以前の調査では、ご年配の方は「気が置けない」の意味は間違わないそうです。だから、ビジネスなどで目上の人と話をする時に、この間違いをしていたら、ちょっと恥ずかしいかも知れません。

「気が置けない」の意味、ちゃんと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

-おもしろ雑学