毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

文房具

蛍光ペンの汚れは洗濯で落ちる?私が行き着いた最強の染み抜き方法

子育て家庭でもないのに、定期的に洋服にペンの汚れがついてしまう我が家。

その原因は、姪っこちゃん達とのお絵かきです。家では使わせてもらえないらしいマーカーや蛍光ペンを使いたがるのはいいのですが…お絵かき中にペンを振りまわす、やっかいものです。

なので、ペンは水性を用意していますが、蛍光ペンの汚れはなかなか落ちないことに、最近気がつきました。

先日はとうとうお気に入りの洋服にも汚れが…。着ている私が悪いのです、わかってるんです。でも…この蛍光ペンの汚れはなんとかして落としたい!

なんとか蛍光ペンの汚れを落とすことができたんですが…それがベストな方法にたどりつくまでに、意外と時間がかかった!

そこで、私の蛍光ペンとの戦いをご紹介します。蛍光ペン汚れの激しいご家庭のみなさんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

有名文房具メーカー推奨:蛍光ペンの汚れの落とし方

まず試したのは、一番用意するものがない方法です。しかも、文房具メーカー推奨の方法だから、これで落ちるでしょ!

【用意するもの】

  • 石鹸(手洗い用の石鹸、洗顔石鹸フォーム、もしくは洗濯石鹸

【手順】

  1. 汚れた部分に水と石鹸をつけて揉み洗いします。
  2. 流水ですすいでください。

1と2の作業を汚れが落ちるまで繰り返すのみ。

そして、最後はよくすすいで出来上がり。

 

…のハズだったんですが…うーん、いまいち納得のできる落ち具合ではありません。黄色なんかは、ほとんど気になりませんが、ピンクやグリーンはまだまだ。

「キレイ」とか「落ちた!」っていう感覚は個人差があるものなので、もちろん「ここまで落ちればOKよ!」という人もいるくらいのレベルではあります。

この文房具メーカーのホームページをいろいろ見たら、「蛍光ペンは乾くと水では落ちにくいように作っています!」と声高々に宣言しています。そりゃ、そうよね。メーカーはそっちを目指しますよね。

クリーニング屋さん推奨:蛍光ペンの染み抜き

次にやってみたのは、クリーニング屋さんの方法です。

あ、クリーニング屋さんだけに、やっぱり薬品的なものを使うんですね。

【用意するもの】

  • ビニールのごみ袋
  • タオル2枚、もしくは汚れが小さい時にはタオル1枚と綿棒でもOK
  • 除光液、または消毒用エタノール

【手順】

  1. 作業範囲をビニールのゴミ袋でカバーします。
  2. 蛍光ペンの汚れ部分を下向きにしてタオルの上におきます。
  3. 除光液または消毒用エタノールを汚れの部分に少しずつかけます。
  4. 汚れ部分をもう1枚のタオル、または綿棒でとんとんたたきます。汚れを出して、下のタオルにしみ込ませるイメージで。
  5. 汚れが落ちたら、しっかり水洗いをしていつものように洗濯をします。

私は除光液でやってみましたが、この方法、結構というか、ほぼ蛍光ペンが落ちます。しかし、使う薬品が強めなので、やってみる前に見えない部分で試すことをおすすめします。

それと、やっぱり大切な洋服には生地の傷みが気になるので…使いたくない方法かも。

私のおすすめ:蛍光ペン汚れをやっつける方法

ここまで、なんとか家にあるもので蛍光ペンが落ちないか模索しましたが、このあたりで手詰まりです。「生地を傷めない」ということにこだわると、家庭ではなかなか難しいのかも…。

と思ったら、お昼の情報番組で「超音波ウォッシャー」のCMを見てしまったのです…。ハンディーな大きさで、超音波の振動で汚れを落とす、最近話題のアレです。“家庭にあるもので落とす”ことを考えていたのに、このCMにココロを奪われてしまった…。いや、買ってしまえば“家庭にあるもの”ってことになる!?

数日後、超電波ウォッシャー+念の為の洗濯用液体洗剤で、蛍光ペンの汚れはすっきり落ちました~。

蛍光ペンの汚れだけじゃなく、えり・そでの汚れにも食べこぼしにも使えるから、10,000円ちょっとのもとは取れるハズ!という言い訳と、最終的に電化製品を勧めてしまう私…。でも、超音波ウォッシャーとってもいいですよ。

まとめ

お子さまのいる家庭では、蛍光ペンのがんこな汚れは厄介ですよね。なるべく早めに洗った方が落ちやすいですよ。

まとめると…

  • 有名文房具メーカー推奨の蛍光ペン汚れの落とし方は、汚れ部分を石鹸で何度も揉み洗いする方法
  • クリーニング屋さん推奨の方法は、除光液か液体エタノールを汚れの裏側からたたき出す方法
  • 私のおすすめ方法は、最近話題の「超音波ウォッシャー」+洗濯用液体洗剤

どの方法にあるかは、どこまで落ちを追求するか、落とすことにこだわるか生地を傷めないことにこだわるか…ということでしょうか?

忙しい方、食べこぼしなどの他の汚れもよくつけてしまう方には、超音波ウォッシャーおすすめです。ぐんぐん落ちて、楽しいですよ。

スポンサーリンク

-文房具