毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

健康

平熱が低いと微熱のレベルも低い?意外と知らない体温のヒミツ

あまり自分の体温の変化に敏感ではないので、熱が出ていても気がつかないこともあります、特に微熱は。

鈍感だと、よく馬鹿にされます。妹はすごく敏感で、微熱がある!と言うのをよく聞くんです。妹が言うには、「私は低体温だから、ちょっと熱が出たらわかるの。」だそうだけど…

わかるんだけど、低体温だからわかるっていうのは、ちょっと違う気がするんですよね。「他の人の平熱レベルでも、微熱になる。」っていうんだったらわかるんだけど。

それはさておき、平熱が普段低くて悩んでいる人もいるかと思います。平熱が低い分、微熱もの基準も下がってしまうので。

今回はそんなあなたのために、平熱が低い問題にとことん向き合っていこうと思います。

スポンサーリンク

平熱?微熱?高熱?基準ってあるの?

先日、人間ドッグにいってきました。その時に、お医者さんに聞いた話です。

一般的な日本人の平熱は36度以上とのこと。目安として、以下の基準があるそうです。

  • 平熱:36度以上(一般的な日本人の平熱は、36.2~37.0度)
  • 微熱:37.0~37.9度
  • 中等度熱:38.0~38.9度
  • 高熱:39度以上

平熱を基準にすると、1度あがる=微熱、2度以上=発熱、と言えるようですね。

平熱が低い=低体温って?

低体温だという人、最近本当に多くないですか?なんと今では、大人だけでなく、本来大人より体温が高いはずの乳幼児にも見られるようになってきたそうです。だいたい、平熱が36度以下の体温を低体温と言います。

ちなみに、低体温は病名ではありませんが、こんなことがあるそうです。

  • 36度→体はブルブルッと震えて熱を生産しようする
  • 35.5度→代謝機能低下、排せつ機能低下、自律神経症失調症の発症、アレルギー症の発症など
  • 35度→ガン細胞が最も活発に増殖し始める
  • 34度→生存ギリ
  • 33度→凍死寸前

平熱の低い人の微熱は理解されにくい?

一般的な日本人の平熱は36.2~37.0度と先ほど触れましたが、これはちょっと昔の話。今は低体温の人が増えているので、微熱かどうかを先ほどの指数「微熱 37.0~37.9度」にただ当てはめていいものでしょうか?

平熱が何度でも、1度あがった状態が微熱なので…

平熱36.5度の人の微熱=37.5度~

平熱35.5度の人の微熱=36.5度~

差があって、当然なんですよね。

ところが、みんな低体温の人が増えているのを知っていても「微熱 37.0~37.9度」の感覚が強いので、周りの人にはなかなか理解されにくい。

「36.2度の微熱が出ているので、早退していいですか?」とか、「36.2度の微熱があるので、今日は休みます。」は通用しないことが多いですよね。それに加えて、私のように熱に鈍感な人もいるので、なかには微熱は理由にならないと感じている人もいるかも知れません。

平熱が一般的な36.2~37.0度の人は、低体温の人の「1度あがった状態=微熱」に当てはめて理解してあげてください。

そして、低体温の人は、「熱に鈍感な人もいる」のを念頭に、微熱があることよりも、寒気がして熱っぽい。とか、風邪をひきそうなしんどさがあるなど、まずは症状を伝えて、その後に低体温なことの説明があると、理解されやすいのではないでしょうか?

平熱の測り方

そうは言っても、微熱はカラダからの何かしらのサインで、ほっておいていいものでもありません。微熱を判断するには、自分の平熱を知っておかないと、具合の悪い時に熱を測る意味があまりないですよね。どうやって平熱を測ればいいんでしょうか?

・同じ時刻に週2回、2カ月ほど継続して体温を測って、平均を出す!

えー、そんなの面倒!という方は、簡易的な方法ですが…

・起床時、午前、午後、夜の計4回体温を測り、時間帯ごとの平熱としておぼえておく!(食事の後は、体温が上昇するので、食前or食間で計測)

ちなみに…体温は、朝がもっとも低く、目を覚ましてからだんだん上昇。夕方にピークを迎えて、夜眠るのに備えて、また体温は下がっていきます。また、当然ですが、運動や飲食、感情の起伏などによっても体温は変化します。

正しい脇検温

正しく測らなくては意味がありませんよ。

準備:

  • 脇の汗を拭う(特にお子さんは発汗が多いので注意)
  • 脇を閉じて十分ほどしてから測ること(体の内部温度が反映されるように)
  • 検温中は動かない
  • 途中で体温計を取り出してしまった場合は、きちんと測り直す

検温方法

  1. 脇のくぼみ中央に、体温計の先を下から上にむけて先端をあてる
  2. 脇をしっかり閉じる
  3. 手のひらを上向きにして、脇をぴったりと閉める
  4. 体温計をはさんだ方のひじを、もう一方の手で軽く押さえる
  5. そのままの状態で、音の鳴らない水銀式の体温計などは10分以上、音の鳴る予測式体温計なら電子音がなるまで動かない

まとめ

体温を測ることは、自分の体の変化を知るための簡単な方法です。でも、人それぞれで身長、体格が違うように、平熱も人それぞれ。まずは、自分の平熱をちゃんと知っておきましょうね。

  • 一般的な日本人の平熱は、36.2~37.0度
  • 平熱から1度あがると微熱になり、2度以上あがったら発熱
  • 平熱が36度以下の体温を低体温
  • 一般的な平熱の人と低体温の人の微熱の数値には差があって当然

微熱は、基準になる平熱も人によってさまざまなので、差があって当然です。

微熱=37.0~37.9度にとらわれず、まずは微熱や発熱がある自分、そして周りの人にやさしくなれるといいですね。

スポンサーリンク

-健康