毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

レジャー

花見が嫌いな人必見!できるだけ苦痛を感じずに乗り切る4つの方法

life197

立春が来ると、もうお花見の話を始める我が家です。年に1度の桜は、誰もが楽しみにしているんじゃないでしょうか?

我が家は、家族でこじんまり昼間のお花見を楽しみます。お花見弁当のリクエストを1週間前から受け付けて、結構しっかり作ります。家族だけだから、桜を見ながらお散歩をして、桜の下でさくっとお弁当を食べて帰ってきます。 

でも、本当はお花見が嫌いなんです、私。世間一般では「花見=宴会」ですよね。それが苦手なんです。特に、会社でのお花見が嫌いなんです…

今回はその嫌いなお花見の解決策を含めてお話しします。 

スポンサーリンク

花見が嫌いになったきっかけ

会社でまだ新人だったかなり昔の話です。

出勤したとたんに、「〇〇!花見の場所取り、お前に任せたぞ、今日は。」と上司が一言。いやいや…新人ですけど、一応今日やる分の仕事もあるし…と言い返したいところでしたが、今日ではないといけない仕事ではないという、悲しい状況もあり…。

総務部でゴザを借り、それを持って花見海上になる近くの公園へ行きました。すでに数組が場所を陣取っていたのですが、みなさんスーツできりっとした若い人。きっと、同じ目に合った新人なんだ…と思ったりしたわけです。

桜の花の下のまあまあいい場所にゴザを敷き、後は待つのみ。

何もすることもないし、急に陣取りを言い渡されたので、暇つぶしの何かがあるわけでもない。2時間くらいが過ぎたところで、すでに寒いんです。若干の風だけど、長時間座っているだけだと、寒い…。

先輩が差し入れを持ってきてくれて、温かいコーヒーで一瞬生き返ったものの、今度はずっと座っているので、お尻が痛い…。差し入れてもらった雑誌を手に、立ったまま読みながら暇つぶし。雑誌の隅から隅まで読んで、やっとちょっとだけ暗くなってきました。

会社のみんながついた頃には、体はすっかり冷めきり、もう家に帰りたい状態。しかし、ここで解放されるはずもなく、お花見宴会に突入しました。ワイワイどころではない、どんちゃん騒ぎ。泥酔者も数人。しかも、結構お花見宴会をしている人が増えてきて、かなりの混雑具合。騒ぎすぎて周り方に嫌な顔で見られ、それは場所が悪いからだとか…酔っぱらいの言うことは、意味がわかりません。桜の美しさのせいか、外での解放感からか、いつもの飲み会より、お花見宴会は盛り上がるんですよね…。

総務からゴザを借りたのは私なので、私が返しにいかなければ…。お願いだから、汚したり、破ったりしないで!と、心の中で何度叫んだことか。

花見が嫌いな理由

life198

それ以降、会社の花見の場所取り係は回ってこなかったものの、すっかりお花見嫌いになってしまいました。

桜自体が嫌いなワケでもなく、お酒が嫌いなワケでもないのです。

  1. 思ったより寒い。
  2. 解放感にのってしまう酔っぱらいが嫌い。
  3. 落ち着いて桜を楽しめない人の混み具合も嫌い。
  4. 会社の花見以来、花粉症ぎみになってしまった。

嫌いな理由の解決法は?

life199

1は、準備さえしっかりしておけばいい話です。桜の季節は、まだまだ天候が不安定で、思ったより寒いや風の強い日があるので、気をつけないといけませんね。

体温がコントロールしやすいように、脱いだり着たりできる羽織モノや風を通さない素材のものがあると便利かも。ブランケットがあれば、座っている時にお尻が痛くなったらクッション代わりにもできます。

2は、迷惑をかけられるのが嫌だという方が正確かも知れません。宴会が嫌いなわけではないのですが、花見の外での解放感が加わってのノリが嫌なんです。外だとみなさん、ついつい大声になりませんか? 吐くまで泥酔する人も室内での宴会よりも多い気はするのは、私だけでしょうか…?

できれば、花見はあまり大人数で行かないのが一番いいのかも知れません。持っていくお酒の量もコントロールしないと怖いですよね。

3は、仕方がないとは言え、桜が綺麗なところは人が集まってしまい、ゆっくり桜を見ることもできないですよね。桜は、他の花と違って、葉のないところに花が咲くのがいいところ。みなさん、ちゃんと見えてるのかしら?っていうくらい、人の波がすごいのは苦手です。

花見の計画の時点で、穴場的なスポットを見つけるのがいいのではないでしょうか? 夜桜は比較的すいていますよね。ドライブしながら車からみるドライブ花見もいいかも。会社がたくさんあるエリアの桜の綺麗な公園は、会社花見で盛り上がってるので避けた方がいい!

4、意外と多い花粉症の人。中には花見は好きなのに、花粉症で行けない人もいますよね。桜の花粉に反応するかしないかの差がありますが、こればかりは仕方がないのかも。私は20代後半で、ある日突然花粉症ぎみになってしまい、体調の悪い時に花見にいくと、くしゃみと涙がひどくなってしまいます。

まとめ

意外と多い花見が嫌いな人。こんな理由もあるので、花見を断った人がいても、理解してあげてください。

花見が嫌いな理由

  1. 寒いのが嫌い
  2. 酔っぱらいが嫌い
  3. 人混みが嫌い
  4. 花粉症だから嫌い

その解決策

  • 脱ぎ着のしやすい羽織モノ、ブランケットを持参
  • 大人数で行かない、持っていくお酒の量をコントロール
  • 穴場スポットを探す、ドライブ花見、
  • 花粉症は…仕方がない…

今年の花見も楽しく過ごせるといいな。

せっかく日本人ですから、桜はたのしみたいですよね!

スポンサーリンク

-レジャー