毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

アクセサリー

画鋲でピアスを開けるのはアリ?!早まる前に知っておきたいこと

2017/03/12

初めてのピアス、手っ取り早く家にある尖ったもので開けちゃえ!と思っている方。

ピアスを開けるのは初めてじゃないから平気。画鋲でやってみよう、と思っている方、簡単に考えすぎていませんか?

体験など交えてピアスホールのお話をしたいと思います。読んでから画鋲を使うか決めて下さい!

スポンサーリンク

画鋲はピアスホールをあけるにしては細く短かすぎ?

画鋲は、だいたいどこのお家にもあって、簡単に使えそうですがどうでしょう?

まずはその長さを見てみて下さい。短くないですか?

もうピアスを買っていて、手元にあると言う方は、画鋲とピアスを揃えて並べてみて下さい。

画鋲の方が短いですよね・・。

耳たぶの後ろ側まで貫通できそうですか?まあ貫通できたとしても、細くないですか?

開けた事のある人は御存知だと思いますが、ファーストピアスって通常のより太いのです。倍とまでは言わないけれど、パッと見てわかる位太い。

これは穴が塞がらないようにするためです。

思い切って画鋲で穴を開けたのは良いけど、ピアスが通らなかったら悲惨な目に遭います。

それに、開けたての穴に、無理矢理ピアスを差し込むのって結構痛いですよ。

やった事ありますが、まあ言えば、生身に金属を挿すわけですから!

ピアッサー使っても失敗するのに…

私は、初めてのピアスは高校生の時、市販のファーストピアス付きピアッサーで開けました。

「病院で開けた方が良い」と言うのを聞いていましたが、お金がかかると思い、ピアッサーを買ったのです。

画鋲で開けようなんて考えもしませんでした。

同級生で、太い安全ピンで開けたと言う女の子が居ましたが、化膿して耳が倍くらいになって、おまけに穴も開かないままだったと言うのを聞いていたので…。

でも、ピアッサーを使った私も失敗しました。

『使用方法』の通りにしたつもりでしたが、力加減が弱くて、貫通してないのに手を離してしまい、ピアッサーが耳たぶにぶらさがった状態に!

痛いわ穴は開いてないわで泣きそうだったけど(実際涙が出ました)このまま終わらせるのはあんまりだと思い、同じ穴にもう一度ピアッサーを当てて、強引に穴を開けました。

何とか穴は開いたけど穴は直線ではなく、耳たぶ途中で歪んで開いて、後々ピアスを通すのに苦労しました。

病院で開けるのが一番安心?

一度目のピアスで懲りていたのに、何年かした時、やっぱりピアスしたい!

と思った私は、今回はちゃんと病院で開けてもらおうと皮膚科に予約をとって行きました。

希望の位置を言い、ペンで印をつけたら、迷いのない先生の一撃。

バチン!!と言う、けっこうな衝撃があり、反対側を開けてもらうのを、一瞬ためらいました~

が、反対側も。

ピアッサーを使ったのですが、これくらいの思い切りがないとダメなんだな、と悟りました。

しばらくの間(30分位?)両耳がジーンとしていました。

以前、自分で片耳だけ穴を開けた時は、毎日取り外して消毒しないといけないと聞いて(友人に)その通りにしていたのですが、病院では『3か月』そのまま放置して下さい。と言われビックリしました。

消毒もしないでいいとの事でした。

もし途中で外したら、何かあっても保障の対象外になると…。

ピアスを開けたその後の様子・・

高校生で、歪んで開けたピアスホールは今は使っていないので、もう穴が塞がっているのではないでしょうか?

一度開いたら塞がらないと聞いた事があるので何年かぶりにピアスを通そうとしましたが無理っぽかったです。

懲りずに数年前に開けたホールは、いまだに右だけ『汁』(体液なのでしょうか)が出てくる事があります!!

流れ出ると言うわけではないし、出て来るものはしょうがないと諦めていますが、少しめんどくさいです。

耳たぶの後ろ側に、『汁』が固まるので気付いたら消毒しつつ拭き取らないといけません。

それでも、金属アレルギーでイヤリングはできないのでピアスができて嬉しいです。

私の姉は、去年、何を思ったのか突然病院でピアスを開けて来て喜んでいたのですが、いつまでたっても傷口が塞がらないと言うか、穴が開かないと言うか、それこそ『汁』が止まらないので、何度も病院に行き、行っても化膿止めをもらうだけで改善されないと言うので、ピアスを諦めたようです。悔しがってました。

まとめ

自分の体験、身近な人の体験から、「耳に穴を開けるなんて簡単な事。」と思わなくなりました。

ちゃんと病院に行っても化膿してしまったり、体質に合わなかったと諦めないといけなくなったり…

なのに画鋲?!

は無いですよねー。できるだけ安全な方法でやってみて、うまくいかなかったら潔く諦める位の覚悟で挑んで下さい!(大袈裟かな…)

スポンサーリンク

-アクセサリー