毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

シナモンコーヒーの素晴らしい4つの効果と自宅で超簡単な作り方

コーヒーショップのカウンターには、シナモンパウダーが置いてあります。あれ、だいたいの人がカプチーノ用だと思っていませんか?

実は、普通のコーヒーに入れて香りをつけるにもいいんです。

しかも、数年前からひそかに流行しているシナモンコーヒーを知っていますか?

特に女性に嬉しい効果で人気ですが、男性にもおすすめです。

そんなシナモンコーヒーの効果、作り方やシナモンと相性のいい他のドリンクもご紹介します。

スポンサーリンク

シナモンコーヒーとは?

高級感ある喫茶店に行くと、コーヒーにシナモンスティックが添えてあるのを見たことがありませんか?

コーヒーとシナモンは相性抜群です。

シナモンコーヒーとは、世界最古のスパイスと言われるシナモンをちょっとだけコーヒーに加えて、フレーバーをつけてあげたコーヒーのことです。

自宅で楽しむシナモンコーヒーの作り方

シナモンは、今ではスパイスの売り場にいけば、手軽な小瓶入りのパウダーがあります。100円ショップにもありますよ。

**シナモンコーヒーの作り方**

【準備するもの】

  • シナモンパウダー
  • コーヒー(インスタントでもOK)
  • お好みで砂糖、ハチミツ、ミルクなど

【手順】

  1. コーヒーにシナモンを少量入れます。小瓶なら3振りくらいで十分です。
  2. お好みの砂糖やハチミツ、ミルクを入れて、よーく混ぜます。

たったこれだけ。レシピというほどのレシピではないです。

コーヒーに甘みがいらない人は、もちろん砂糖やハチミツは入れなくてもOKです。ただ、シナモンの香りと甘みは相性がいいので、少し入れるとより美味しいですよ。

シナモンパウダーは粒子が細かすぎて混ざりにくいので、しっかりスプーンでかき混ぜてください。

シナモンコーヒーの効果とは?

たいていの流行がそうかも知れませんが、シナモンコーヒーに注目したのは女性です。

その効果が女性向けで広がったのです。

シナモンは、漢方としても使われるほどカラダにいいスパイスなんですよ。女性が注目する、その効果とは…

■冷え性に効果アリ!

シナモンには、血管を拡張してくれる働きがあります。血液の循環がよくなるので、冷え性を改善してくれます。むくみ予防としても効果ありますよ。

■ダイエット効果もある!

シナモンには、利尿作用と発汗作用があります。コーヒーのダイエット効果と組み合わせれば、高価の高いダイエットドリンクというわけですね。

■アンチエイジング効果まで!

毛細血管の老化も防いでくれるシナモン。シミやたるみ、くすみの改善、髪の毛の健康も保ってくれます。

これらの効果はもちろん男性にだっておすすめですが、さらに男性が注目したくなるシナモンコーヒーの効果は…

■血糖値と血中脂質値の低下させてくれる!

日本人に多いタイプの糖尿病にきくと言われるシナモン。インスリンの働きを強くするので、糖尿病の改善が見込めます。また、抗酸化作用が高いので、脂質を低下させてくれるのです。

シナモンの取り過ぎには注意!!

シナモンの香りの由来になっている成分が「クマリン」というのですが。これは摂取しすぎると肝障害を引き起こす可能性があります。

1日に体重1kgあたり0.1mg以上を毎日摂取すると“過剰”と言われています。体重が50kgの女性で5g、70kgの男性で7gの計算です。

シナモンパウダーをこれだけの量を摂取するのは簡単なことではないですですが、シナモンパウダーは小さじ1/4で1gが目安に、過剰摂取に気をつけましょう。

たまにはシナモンコーヒー以外のドリンクでシナモン摂取!

健康のためにシナモンを摂取といっても、毎日シナモンコーヒーでは飽きてしまいますよね。コーヒー以外にシナモンと相性のいいおすすめの飲み物は…

〇牛乳・豆乳→シナモンと一緒にハチミツや生姜を入れるのも美味しいですし、温めれるとカラダぽかぽか、さらに結構血行がよくなりますよ。

〇赤ワインでホットワイン→シナモン、赤ワインのポリフェノールで美容効果バツグンです。レモンを少し垂らすと、さっぱり感も加わっておすすめです。

〇ジンジャーエール→生姜とシナモンは相性がいいのは、ケーキやクッキーを思い浮かべると想像しやすいでしょう。

まとめ

シナモンは、スパイスの王様であり世界最古のスパイス、漢方薬でもあり、無理なく毎日の生活取り入れたいものです。コーヒーなら、簡単に楽しめますよね。

まとめると…

  • シナモンコーヒーとは、コーヒーにシナモンを加えるだけの簡単飲み物
  • 自宅でシナモンコーヒーを作るなら、シナモンパウダーをコーヒーに数振り加えるだけ
  • シナモンコーヒーの効果は、冷え性対策・ダイエット効果・アンチエイジング効果だけでなく、血糖値と血中脂質値の低下させてくれる
  • シナモンの過剰摂取に注意、1日に体重1kgあたり0.1mg以内
  • シナモンはコーヒーの他に、牛乳/豆乳・赤ワインでホットワイン・ジンジャーエールなどもおすすめ

毎日のドリンクにシナモンを入れて楽しむなんて、ちょっとおしゃれだし、カフェ気分でいいですよね。

それにこんなにうれしい効果があるので、是非お試しください!

スポンサーリンク

-食関連