毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

ブルーチーズが臭いと感じるのは人生損してる?美味しく楽しむ方法

以前の職業柄、ソムリエの資格だけは持っている私(持っているだけで、実践ではほぼ使わず…)は、ワインはもちろんですが、チーズも大好きです。

我が家のテーブルのチーズの登場頻度は、かなりのもの。ワインの登場頻度には負けますが…。笑

でも、私は大好きなのに、いまいち人気のないチーズがあるんです。それは「ブルーチーズ」。

特に、チーズ全般が好きな父でも、「これってカビだよね?この臭い大丈夫?」と敬遠されがち。

そのカビの部分がうま味なんだけどなー。その臭い…いや…香りがいいんだけどなー。

嫌われがちなブルーチーズ、ちょっと深く語らせてください。美味しいブルーチーズの食べ方もご紹介します!

スポンサーリンク

世界三大ブルーチーズをご存知ですか?

「ブルーチーズ」という種類のチーズだと誤解されている人も多いようですが、「ブルーチーズ」は、日本語で言うと「青カビチーズ」の大きなくくりであり、その中にいろいろな種類があるんです。

フレッシュチーズのくくりには、モッツァレラやマスカルポーネがあり、ハードチーズにはチェダーやパルミジャーノ・レッジャーノがあるといった具合です。

いくつかの種類がある「ブルーチーズ」の中でも、“世界三大ブルーチーズ”と言われる種類があります。

それが、

  • ゴルゴンゾーラ 
  • スティルトン 
  • ロックフォール

の3種類です。

ゴルゴンゾーラはパスタソース、ピザ、サラダにもよく使われる種類なので、知っている人も多いはずです。また、ロックフォールは「ブルーチーズの王様」と呼ばれ、熱狂的なファンが少ないチーズです。

これ、世界三大香るチーズと言っても過言ではないかもしれないくらいの、豊潤で素晴らしい香りですが…「臭い」の一言で片づけられることも多いかも。

「チーズは好きだけど、ブルーチーズだけはダメなんだよね…」っていう人も結構いますよね。

ブルーチーズとワインとの相性

ブルーチーズはその臭いだけでなく、強めの塩気となんとも濃厚な味わいで独特の風味があります。これをダイレクトに楽しめるのは、かなりのブルーチーズ好きなのかも。

ブルーチーズはその濃厚な風味から、渋めフルボディの赤ワインに合わせる人が多いかも知れません。確かに、あの青カビと赤ワインの相性いいですよね。

でも、三大ブルーチーズのひとつ、スティルトンの中でもブルー。スティルトンは、イギリスでは甘さが際立つポートワインとの組み合わせが伝統習慣としてあります。

味覚は個人の好みもあるので、赤ワインのほうがいいわ!という人もいますが、私的には甘めのワインと合わせた方が、臭いブルーチーズをおいしくいただける気がします。

意外と相性がいいのが、きりっと冷やした甘めの白ワイン。冷えてるので、口の中でのブルーチーズは香りよりも風味が先にたってきて、「食べたいけど…香りが…」という人におすすめの組み合わせです。

是非試してみてくださいね。

ブルーチーズと臭いを感じさせない組み合わせ

ワインでもおすすめしましたが、甘さとの相性がいいブルーチーズ。クラッカーなどにのせて、ハチミツをかけて食べるのが手軽で美味しいです。

臭いが気になる人は、ゴルゴンゾーラピカンテやフロマージュブルーなどの風味が優しいブルーチーズを選んだ方がいいかも知れません。ハチミツにナッツをプラスしても、また別な風味と食感が加わって食べやすいです。

フルーツとの相性もいいですよ。一般的にはドライフルーツと合わせることが多いかも知れませんが、私はりんごとの組み合わせが好きです。

りんごをスライスして、ブルーチーズをのせるだけだから、これもお手軽です。

やっぱり臭い…完食できなかったブルーチーズをソースに

いろいろ試しても、やっぱりブルーチーズ無理だったわ…という人には、ソースにしてしまうのがおすすめ。

ステーキやハンバーグにそのままかけて使えるブルーチーズソース

【材料】2人分

  • オリーブオイル…大さじ1
  • みじん切りにんにく…1かけ
  • みじん切りたまねぎ…大さじ2
  • 白ワイン…50ml
  • 生クリーム…50ml
  • 残ったブルーチーズ…40g

【作り方】

  1. にんにくをオリーブオイルで炒めて、香りを出す。
  2. たまねぎを入れてしんなりしたら、白ワインを入れてアルコールを飛ばす。
  3. 生クリームとブルーチーズを入れて、チーズがとけたら出来上がり。

これ、ソースとしてだけでなく、水とコンソメでちょっと伸ばして、残りご飯とピザ用とろけるチーズを足せば、ブルーチーズのリゾットになりますよ。

ちょっとだけ火を通すことで香りが和らぐので、きっと食べられると思います。食べる時には、ワインとあわせたら、さらに香りを気にしないでブルーチーズを楽しめます。

まとめ

その香りから敬遠されがちなブルーチーズですが、濃厚な風味はチーズの中でも逸品です。

まとめると…

  • ブルーチーズの臭みを軽減するワインとの組み合わせは、フルボディの赤ワインとよりも冷えた甘めの白ワインやポートワインなど甘口との組み合わせがいい。
  • ハチミツやナッツ、ドライフルーツやフレッシュフルーツとの組み合わせもいい。
  • 残ったブルーチーズは、ソースにして加熱して臭み軽減。

ブルーチーズの臭いが気になる繊細な人でも、手を加えたり組み合わせを考えたりすれば、チーズを楽しむ世界が広がりますよ。

スポンサーリンク

-食関連