毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

雑学

紫陽花の色が変わる理由は何? 育ててみたい方も必見!

2018/06/09

梅雨の時期になると、家の庭に立派に咲いている紫陽花を目にしませんか?

 

青やピンクなど、違う色を一度に楽しめていいですよね。

 

ところで、その紫陽花の色が変わるのってなぜなのでしょう?

 

家で紫陽花を育ててみたいと思っている方も、気になりますよね。

 

そこで、紫陽花の色の変化の理由を2つ、そして、紫陽花の咲く色を自分で調整できる方法を紹介します!

 

紫陽花の不思議な現象の背景を、いっしょにのぞいてみませんか?

紫陽花の色

みなさんは、何色くらいの紫陽花を見たことがありますか?

 

おおまかに言うと、白、青、紫、ピンク、赤、の5色の紫陽花があります。

 

別名「七変化」と呼ばれるだけありますね。

 

 

色が変わる理由1

 

老化

 

紫陽花の色が変わる原因は、開花から日数が経ち、花が老化し始めてきたことにあります。

 

咲き始めは、薄い黄緑色をしています。

次第に、花の中の葉緑素という組織が分解され、アントシアニンなどの色素が生合成され、青やピンクに色が変わっていきます。

そしてさらに日が過ぎると、花の中の色素が酸化され、赤色になります。

 

これは何だか、うなずける理由ですよね。

日が経ち酸化が進むと、色が変わってしまう食品もありますよね。

 

色が変わる理由2

 

土の酸性度(pH

 

紫陽花の色が変わる原因は、紫陽花が植えられている土が、どのくらいの酸を含んでいるかにもよります。

 

簡単に言うと、

 

酸性が強い = 青

酸性が弱い(中性~アルカリ性寄り) = 赤

その中間 = 赤っぽい紫

 

という具合に色が変化するそうです。

青い紫陽花を見たら、土は酸性、赤なら、アルカリ性、と覚えておけばいいですね。

 

では、なぜその土の酸性度によって、紫陽花の色は変わってしまうのでしょうか?

 

紫陽花にはもともと、アントシアニンという色素があります。

その色素に、土の中にあるアルミニウムイオンが加わるかどうか、によって色は変化するのです。

 

酸性土壌には、アルミニウムイオンが多く含まれています。

アルミニウムイオンは水溶性のため、土の中の水分に溶けだし、紫陽花の根から吸収されます。

 

中性やアルカリ性土壌にも、アルミニウムイオンは含まれていますが、こちらは反対で水には溶けません。

よって、土の中にアルミニウムイオンは溶け出さないので、紫陽花の中にも入ることはありません。

 

つまり紫陽花が青っぽいと、アルミニウムイオンを吸収している、赤っぽいと、吸収していない、ということですね。

 

私は紫陽花の色が変わるのは何となく、日光の当たり具合によるのかな~とくらいに思っていましたが、全然違いました…

とても奥が深い理由が存在していたんですね。

土の酸性度の変化

ところで、じゃあどうして、土の酸度はどこも一定じゃないの?と疑問になりますよね。

 

実は日本のほとんどの土が、酸性だそうです。

 

これは、土に染み込む雨が酸性であり、土の中のアルカリ分を流してしまうためです。

 

でも、ハウスの中など雨の当たらない場所は、土はアルカリ性になるとのことです。

 

ここで、土の中の酸性度を測る方法を2つ、紹介しますね。

酸性度の調べ方

 

測定液を使う

 

土にかけると、酸性度によって色が変わり、目安が分かります。

 

測定器を使う

 

土に直接さして、使います。

安価なものから少し値段が高いものもあります。

 

土の酸性度は分かったけど、酸性が強かったので、アルカリ性にしたい!という方。

またはその逆で、アルカリ性寄りだったので、酸性にしたい!という方。

 

そのどちらも、自分でできます!

土の酸性度を調整する方法

酸性→アルカリ性

 

牡蠣殻や、有機石灰などのアルカリ性資材を土に撒いてみましょう。

酸性と中和され、土がアルカリ性に寄ります。

 

アルカリ性→酸性

 

石灰を入れすぎたりして、土がアルカリ性に偏ってしまうときもあります。

そのようなときは、硫安や塩安と呼ばれる酸性の肥料を撒きましょう。

まとめ

紫陽花の色が変わる理由は2つある

:紫陽花自体の老化

:紫陽花が植えられている土の酸性度

酸性度が強いと、紫陽花は青みを帯び、アルカリ性が強いと、紫陽花は赤みを帯びる

日本の土のほとんどは、酸性寄りである

土の酸性度は、自分で測定することができる

土の酸性度は、自分で調整することもできる

 

内容がなんとなく、小学校の理科の授業に戻ったみたいでしたね。

様々な色を見せてくれる紫陽花、ぜひ鑑賞を楽しんでみてください。

-雑学