毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

【必見】白菜は生でも食べられる?おいしい食べ方の紹介!

 

白菜というとどんな料理を思い浮かべますか?

お鍋やスープ、それに炒め物…冬に収穫する野菜のせいか、温かいレシピばかり想像してしまいますよね。

 

ところでそんな白菜ですが、生でも食べられるって知っていましたか?

 

実は私は生で食べられるって知りませんでした!

今まで生の白菜が食卓に上がっていたことってなかったし…。

 

という私のように、生では食べられないと思っていた方、「知っていたけど実際に生で食べたことってないかな…」「生でもおいしいのかな…」と思っている方、いるんじゃないでしょうか?

 

そこで、白菜を加熱せず生で食べるメリット、生だとおいしい白菜の部位、白菜を生でおいしくいただける簡単レシピを紹介します!

 

これを読み終わったら、きっと白菜の生の味を試してみたくなりますよ!

白菜にはビタミンCがいっぱい!

実は白菜は、栄養面では生で食べた方がいいこともあるんです。

 

例えば、白菜にはビタミンCが豊富に含まれています。

ですがそのビタミンCは熱に弱い特性を持っているため、加熱調理によって破壊されてしまう可能性があります。

 

ですから、なるべく熱は加えず食べた方がビタミンCをより多く摂取できるんです。

 

普段あまり果物を食べない方は、白菜からでもビタミンCを取り入れることができますね!

でもどうやったら生でもおいしく食べられる?おすすめの食べ方は?

栄養のことを考えると生で食べた方がいいのは分かりました。

でもどうしたら加熱したときと同じようにおいしく食べられるの?

 

そんなあなたのために、白菜を生でおいしくいただける、5種類のサラダを紹介します!

 

サラダなら、中途半端に残ってしまった少量の白菜を使うこともできるし、どれも気軽にさっとできるレシピです。

みずみずしく、シャキッとしていて、白菜が本来持つ自然の甘さにびっくりする方も多いはず!

 

いつもの献立のプラス1品に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サラダに向いている白菜の部位

 

中心部の、葉が黄色くなっている部位が生でもおいしくいただけて、サラダ

 

にも適しています。

ここは繊維がやわらかく、一番甘みが強い部位でもあります。

 

この中心部以外の部位も生で食べられますが、外側にいくにつれ苦みが出てきます。

 

苦みが気になる方は、部位ごとに使い分けた方がいいですね。

ちなみに外側の緑色の葉をした部位は、油との相性がいいので、炒め物などに向いていますよ。

 

葉先は1cm幅くらいに手でちぎり、芯の部分は繊維と反対方向に5mm幅くらいに切ると食べやすいです。

これから紹介するサラダでは、白菜はこの大きさで切ることをおすすめします。

また切り終わったら、水気をよく切っておきましょう。

白菜を生でおいしく食べるためのレシピ集!

白菜&粒マスタードのサラダ

白菜にマヨネーズと粒マスタードを加え、混ぜ合わせます。

 

粒マスタードとマヨネーズの組み合わせって、考えるだけでおいしそう…。

マヨネーズが苦手な方は、オリーブオイルなどに変えてもいいですね。

ここに薄切りの玉ねぎを入れると、より食感を楽しめそうです。

 

白菜&サバの水煮缶のサラダ

白菜に少量の塩をふって軽くもみ、しばらく置いたあとしっかり絞って水分を抜きます。

サバの水煮、しょうゆ、塩、しょうが、好みのオイルを加え、混ぜ合わせます。

 

これだけで立派な1品ですね!

より和風にしたい方は、オイルをごま油にするといいですね。

サバをツナや、竹輪などに変えてもおいしそうです。

白菜&わかめのサラダ

塩もみした白菜にわかめ、ごま油、酢、しょうゆを加え混ぜ合わせます。

 

白菜とわかめってお味噌汁の具材を思い浮かべてしまいますよね。

でも、お味噌汁よりサラダにした方がたくさん量を食べられそう。

とってもヘルシーでさっぱりしているので、ダイエット中の方にもおすすめです。

 

白菜&お肉のサラダ

水気をよく切った白菜に炒めた好みのお肉をのせ、しょうゆ、ごま油、しょうがなどを合わせたタレをかけます。

 

さっぱりした白菜とタレが付いたお肉…相性がいいこと間違いなしですね!

これだけでメインのおかずになりますね。

 

白菜&果物のサラダ

例えば、白菜とりんごにレモン汁、オリーブオイル、塩コショウを加え混ぜてみてはいかがでしょうか?

白菜とりんごの甘みと、レモン汁のすっぱさが口の中で広がって…新しい発見になるかもしれませんね!

まとめ

 

・白菜は生でも食べられる

・生で食べた方が、白菜の栄養を壊さず摂取できるというメリットがある

・生でもおいしくいただけるのは、中心部の葉が黄色い部位

・白菜サラダレシピ5種類

 

生の白菜サラダレシピ、いかがでしたか?

 

今までの白菜のイメージが、ちょっと変わりましたよね。

 

栄養豊富で、飽きがこなくて食べやすい上に、生でもちゃんとおいしくいただける白菜…。

冬の定番野菜がもっと人気になりそうですね。

-食関連