毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

健康

湯たんぽは実は身体に悪い!? その理由・デメリットとは?

暖房器具の定番、湯たんぽ。金属製の容器にお湯を入れるのが一般的ですが、

最近は、レンジで温めるものなど、色々な種類の湯たんぽがありますね。

形は様々ですが、使い方は、デスクワーク中に足元で使ったり、眠るときに布団に入れて使うことが多いと思います。

ノスタルジックで馴染み深い半面、老人ホームなどでは、「湯たんぽ使用禁止」という施設もあるとか。

湯たんぽを使うリスクって、何でしょうか?

準備不足&油断で低温火傷に

湯たんぽを使用したときの事故で最も多いのが、「低温火傷」。

低温火傷とは、44℃から50℃ほどの「ちょっと熱い」程度のものに長時間触れることで、生じる火傷のことです。

水ぶくれになって化膿しやすかったり、治っても跡が残りやすいのが厄介です。

高温のものに触れてしまったときは、脊髄反射で手を引っ込めることができますが、

低温火傷の場合は「無意識に除けるほどではない熱さ」でジワジワ焼かれていくのが、問題となります。

 

特に就寝中に布団の中に入れることが多い、湯たんぽ。

起きている間は、「さすがにちょっと熱いかな」と自覚できても、

睡眠中はそうもいかないものです。首を寝違えるのに似ていますね。

 

熱さが伝わりすぎないように、湯たんぽを厳重に布でくるんでも、

寝ている内に布がほどけて、丁度50℃に冷めた頃合いの湯たんぽが剥き出し……なんてケースもあります。

あまりにも元気な寝相だと、湯たんぽのフタが外れて熱湯が漏れる、という事態もありえます。

 

また、高齢者は皮膚感覚が鈍いため、起きていても熱さに気付かず、

低温火傷になってしまうことがあります。

身体が不自由で、自力では湯たんぽを除けられないことも。

赤ちゃんも、月齢が幼いと、「湯たんぽに触っていること」と

「身体が熱い・火傷が痛いこと」を結び付けられず、自力で対処することができません。

年齢によっては、就寝中に湯たんぽを使うのはとても危ないのです。

 

ちょっと珍しいケースですが、冷めた湯たんぽを直接火にかけて事故になる場合も。

お湯を入れ替えず、フタをしたまま火にかけると、内側に蒸気が充満して、湯たんぽが破裂してしまいます。

使用上の注意をよく読んで、正しい温め方を心がけましょう。

湯たんぽは、古くからあるローテクな道具です。

馴染みの道具だからと甘く見ないで、慎重な運用が求められます。

湯たんぽは間接的に温まるもの、と心得るべし

湯たんぽを安全に使うには、「湯たんぽに直接触れない」ことを徹底することです。

湯たんぽをくるむ布は、綿ファスナーなどを使った留め具をつけて、寝相が悪くてもほどけないようにすること。

また、熱くなったら、すぐ除けられるようなポジションに置くこと。ベッドの柵と身体の隙間を避けて、すぐに布団から蹴り出せるような場所に置きます。

また、高齢者や子供などには、湯たんぽを「持たせる」のは避けたほうが良いでしょう。

就寝前の布団を温めるのに使い、人間が布団に入るときは湯たんぽは出す、といった使い方が理想的です。

昼間は、ペットボトルなど、お湯が冷めやすい容器に、少しぬるめたお湯を入れて持たせる、というのも一つの手です。低温火傷になるほどの長時間、熱が保たれるのが問題なので、10分ほどで冷めてしまうように調整すれば良いのです。

もちろん、お湯が冷めきれば寒いので、頃合いを見て気にかけてあげて下さいね。

基本的には利点の方が多い

低温火傷にさえ気をつければ、湯たんぽは良いところばかりの暖房器具です。

ストーブのように「点けっぱなしで火事になる」ということもありませんし、人間単体をピンポイントで温めるので、光熱費がかからず、エコロジーです。

お風呂と同じく身体をじんわり温めて、血行を良くするのに最適と言われ、特に、湯たんぽをお腹に当てれば内臓の調子が良くなるとか。

安全に使いこなして、寒さを乗り切りたいものです。

まとめ

・湯たんぽは低温火傷が起こる。

・反射神経が働いて、無意識に除けるほどでもない温度で、ジワジワ火傷するのが、低温火傷。

・湯たんぽでの低温火傷は、就寝中の事故や、高齢者が罹ることが多い。

・湯たんぽは、布にくるんで、ほどけないように工夫する。留め具のあるフタをつけると良い。

・予め布団を温めておき、就寝するときは、湯たんぽは出す。直接持たない。

・湯たんぽが冷めやすいように工夫して、長時間使わない。

・湯たんぽは身体に良い面も多い。

-健康