毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

お金

月いくらあれば自由?日本と海外へ移住した場合の生活費を比較!

毎月決まった時期になると生活が苦しくなる、もっとお金があれば余裕のある暮らしができるのに。

一人暮らしをしているのならば、少なくとも1度はこんな風に思ったことがあるのでは。

きちんと収支を計算しているはずなのに、なぜだかいつも足りない気がするんですよね。

 

日本に居ては生活も厳しいから、いっそ物価の安い海外で働いてみよう!と考える人も多いようです。

でも本当に、海外で暮らせば生活が楽になるの?

そんな疑問に、タイ在住8年の私がお答えしましょう!

 

月いくら収入があれば足りるのか、どんな生活ができるのか。

日本の一人暮らしと、タイでの一人暮らしを比較してみました。

スポンサーリンク

日本での一人暮らしは厳しい?

 

日本の一人暮らしは、だいたいいくら必要なのでしょうか。

住む地域にもよるでしょうが、最低でも12万円はいるという意見が多いようです。

 

家賃:5~6万円

食費:2~3万円(自炊)

光熱費:7千円

通信費:6千円

その他:1~2万円

 

ただしこれには交通費や交際費、お小遣いは含まれていないようです。

会社が遠くて交通費がかさむ、たまには飲みに行きたい、少しは洋服も買いたいとなると15万円以上は必要だとか。

日本の一人暮らしの生活費は15万でギリギリ、という声が多かったように思います。

スポンサーリンク

東南アジアでの生活費はどれくらい?

 

*ちょっと家賃を出せば、こんな素敵なプールがある所に住むことも

 

では、海外ではどうなのか。

アメリカやヨーロッパではまた違ってくるでしょうが、今回は私の住む東南アジア、タイと比較してみましょう。

 

私は都心部より少し離れたところに住んでいます。

とは言ってもタイの都心部はとても狭く、スピードの遅い電車で15分くらいのところです。

そんな私の生活費はこんな感じ。

 

家賃:2.5万円 (28㎡、日本で言うワンルーム。新築)

食費:4万円 (平日は3食自炊、週末の昼や夜は外食)

光熱費:3千円 (暑いのでエアコンや扇風機は必須)

通信費:3千円 

その他:5千円

 

しめて、約7.3万円。

割高な日本の食材を買うため、食費が少しかさんでいます。

それでも、あまり商品の値段を気にせずに買い物をするし、週末の外食も込みでこの数字。

これに交通費を加えたとしても、8万円で余裕です。

 

タイにおける日本人の最低賃金は、5万バーツ(約17万円)と決まっています。

そこから税金が引かれて、手取りは約4.5万バーツ(約15万円)。

日本でギリギリの生活ができるくらいの数字ですね。

それでもここタイでは、余裕で一人暮らしができちゃいます。

東南アジアに住むメリットって?

タイなどの東南アジアでは、生活レベルによって生活費をコントロールできるのが最大のメリット。

私の生活費は、日本と同じようなレベルの生活をしての数字。

もっと現地に溶け込んだ生活をすれば、生活費はもっとセーブできます。

 

たとえば、食費。

食事を屋台や食堂で済ませると、かなり安くあがります。

毎日3食を屋台もしくは食堂で食べれば、おなか一杯食べたとしても月に2~2.5万円もあれば十分でしょう。

私は屋台で食べないのでハッキリとは言えませんが、もしかしたらもっと安く済むかも。

 

家賃だって、もっと下げることは可能です。

タウンハウスをシェアして、家賃を抑えている人もいます。

 

贅沢な気分を味わえるのも、東南アジアで暮らす魅力のひとつ。

おしゃれで美味しいレストランも日本より安いので、贅沢な外食ができます。

普段あまり出費しないようにコントロールすれば、年に1~2回は国内や近隣諸国に旅行をすることも。

 

「日本で一人暮らしをしたらこんな贅沢はできないな」といつも思っています。

スポンサーリンク

海外の一人暮らしにはデメリットもある?

では海外に住むほうが楽なのか?というと、そういうわけでもありません。

いくら言葉が堪能でも、母国でない国に住むと言うのはストレスが溜まるものです。

 

生活習慣の違いや考え方、マナーの違いなど、小さなことがストレスの原因に。

特に東南アジアでは、毎日がストレスの塊です。

レストランのオーダー忘れやお釣り間違い、時間を守らないことや品質の悪いサービスや商品…

ひとつひとつは本当に小さなことでも、塵も積もれば山となります。

 

厳しい生活だけど、家族や友達のたくさんいる日本で快適に暮らすか。

安い生活費でちょっと贅沢に暮らす代わりに、ストレスの溜まる生活をするか。

 

実際、タイや東南アジアに転職しても、多くの人が2~3年で帰ってしまいます。

その原因のほとんどが、ストレス。

全く気にしない人や割り切って生活できる人なら、長く楽しく暮らせますよ。

まとめ

 

・日本で一人暮らしは約15万円でギリギリ

・タイならば15万円でも余裕の生活ができる

・生活レベルで支出をコントロールできるのが海外生活のメリット

・海外での暮らしはストレスが溜まる

 

日本の生活より、余裕のある暮らしができる東南アジア。

あるテレビ番組で紹介されてから、東南アジアに転職したいと思う人が増えているのだとか。

でも、海外に来るというのは、大事な家族や友達と離れるということ。

生活に余裕ができても、寂しい思いをする時もあるというのを忘れないで。

スポンサーリンク
こんな記事も読まれています

-お金