毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

レジャー

在住者が教えるタイの危険な場所と回避の仕方【保存版】

私は、タイに8年住んでいます。

もし「タイで危険な場所はある?」と誰かに聞かれたら、「危険になるかならないかは自分次第」と答えるでしょう。

旅行に来る人も移住する人も、タイで安全に過ごしてほしい。

タイを「危険な場所」にしないためのアドバイス、参考にしてください。

人のいない場所

車の運転で、「かもしれない運転」というのがあるのを知っていますか?

角から人が飛び出してくるかもしれない、ともしもの状況を警戒しながら運転することです。

暗い路地や夜の住宅街など、ひと気のない場所では私の脳も「かもしれない」にシフト。

「もしも横から怪しい人が出てきたらどうするべきか」

「後ろからカバンをひったくられない為にはどうしたらいいか」

常に警戒しながら、目的地を目指してまっすぐに歩きます。

ひっそりとしていかにも危険という場所は、普通の旅行で行くことはないですよね。

ですがもしもそのような場所に踏み入った場合には、早足で通り抜けてください。

バックもしっかりと体に引き寄せ、助けを求められる場所を目で探しつつ、きょろきょろせずに歩きましょう。

人の多い混雑した場所

人が適度にいる場所は、人の目があるので安心します。

でも人が多すぎると、かえって危険な場所になる場合も。

人ごみで混雑した場所では、スリに遭う危険があります。

リュックなどを背負っている場合は、特に気をつけましょう。

ショルダーバッグも、体の前に持ってくるようにして手を添えておきます。

お財布やスマホをジーンズの後ろポケットに入れておく、なんてこともNGです。

財布などの貴重品は、内ポケットや鞄の奥に入れておきましょう。

歓楽街の多いタイでは、抱きつきスリや親日家を装った詐欺にも注意。

馴れ馴れしく話しかけてくる人がいたら、軽くあしらって相手にしないようにしてください。

夜中のタクシーの車内

これはもう、警戒度100%。

というより、こんな危険な場所に足を踏み入れないようにするのがベストです。

女性が夜中にタクシーに一人で乗るなんて、もってのほか。

そう、タイではタクシーのトラブルは日常茶飯事。

ぼったくりくらいで済めばいいですが、取り返しのつかないことになっては大変。

最近ではUBERなど、安心して使えるタクシーサービスもあります。

そのおかげで私も、遅くまで遊んでUBERで帰るということができるようになりました。

ですが、流しのタクシーには絶対に乗りません!

夜にタクシーを使う場合は、信用できるタクシーサービスのアプリを利用することをお勧めします。

男の人も、例外ではありませんよ。

酔ってホテルに帰る場合には、十分注意してくださいね。

交通に関係する全ての場所

危険の種類は違いますが、タイでは道路の上はどこも危険。

道路を横断するにしても、タクシーに乗るにしても、バスに乗るにしても、です。

タイ人に「交通安全」という概念は、あまりないような気がします。

タイには、バイクタクシーやロットゥーと呼ばれる乗り合いバンがあります。

便利な反面、運転が荒く事故が多いことでも有名です。

スピードの出しすぎで衝突したり、居眠り運転で事故を起こすこともしょっちゅう。

交通面での危険度は、電車>バス>タクシー>乗り合いバン>バイクタクシーでしょうか。

私は可能な限り、電車と徒歩で目的地へ向かいます。

ですが、歩道を歩いていても安心できません。

進行方向や後方から、バイクが歩道を走ってくることも。

とは言っても、歩道を歩かなくては生活できないし、移動には車を使うこともあります。

ただ、道路には常に危険が潜んでいるということは、常に頭に入れておいてください。

危険な目に遭う可能性を、最小限に抑えられるはずです。

まとめ

・人が少ない場所では「かもしれない」を念頭に

・混雑した場所ではスリに注意

・夜中のタクシーは危険度が高い

・道路の上は危険の巣窟

こんな風に言ってしまうと、タイは危険の塊みたいに思えてしまいますよね。

でも、そんなことはありません。

確かにタイは交通の面ではまだまだですが、スリやひったくりの危険性はどの国でも同じです。

私たち日本人は、安全な日本で「平和ボケ」してしまっていると言われています。

まずはそのことを自覚することが、危険を回避する一歩かもしれません。

-レジャー