毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

雑学

共感・共有・共鳴・同感の違いとは?使い方や意味も解説!

SF映画の名作「ブレードランナー」の原作小説では、”高度なアンドロイドと人間とを区別するのは、「他者に共感するか」か否か”であるとしています。

人間である証明、心の本質、という哲学の、一つの答えです。

日常生活でも、コミュニケーション力を養うコツは、相手の話に共感を示すことだ、なんて言いますよね。

 

「共感」と似た言葉は、共有・共鳴・同感、などなど、沢山あります。

それぞれどう違うのか、どう同じなのか。

「共感」だけが特別なのか?

一緒に勉強していきましょう。

共感とは

他人の考え・行動に、全くそのとおりだと感ずること。

悲しいことに直面し、泣いている友達を見て、同じ出来事に対して同じ悲しみを抱く。

それが「共感」です。

 

共感の定義は、けっこう限定的です。

上の例で示した「悲しみ」が、少しでもズレていたら、それは共感では無くなります。

なので、友達が悲しんでいるのが私にとって悲しい、という悲しみ方は、共感ではありません。

しいていえば、それは「同情」ということになるでしょうか。

共有とは

一つの物を二人以上が共同で持つこと。

今回取り上げる言葉の中では、唯一、形ある物にも使える言葉です。

法律的な言葉で、複数人が共同で持つ資産を「共有財産」と言います。共有財産は、共有しているメンバー全員が、等しく権利を持つ資産である、とされます。

 

共有は、気持ちの問題というより、「物事」に焦点が当てられています。

秘密を共有する=たった一つの真実を共有する、というイメージです。

また、大きな一つのものを、皆で分担する、という意味でもあります。

自分一人だけ、秘密を抱えているのは苦しいから、信用できる人には告白したい。

誰かと秘密を共有したい。

皆が知っている秘密、なら、抱えていても重くない……。

「共有した物体の大きさ」は等分でも、それぞれにとって「共有したモノの価値」は違うかもしれませんね。

共鳴とは

共振のこと。

他人の考えや行動などに心から同感すること。

うーん、ここで「同感」が出てきてしまうと、分かりにくいですね。

ここは、「共振」をカギにして理解していきましょう。

 

共振は、小学生の理科で習いましたよね。

振り子や音叉で、同じ周波数を持つもの同士が、つられて震える現象です。

共振の現象の中で、音が鳴る振動のものを、特に「共鳴」と言います。

 

「共鳴する」という動詞は、人間を音叉に例えた表現であると言えます。

「共鳴する」ということは、他人の考えに、心の動きがつられてしまうだけでなく、行動までつられてしまうような状態を示唆します。

ガンジーの無抵抗主義に共鳴する=自分自身も無抵抗主義で行動する。

無責任な「わかるわかる、そうだよね!」で終わらないのが、「共鳴」です。

同感とは

同じように考えること。同じように感ずること。

感じたことの程度に言及せず、「同じ”ように”」とぼかしているのが、「同感」の気楽さです。

 

「あのコーチ、ひどいよね」「ほんと、同感!」

日常会話の中で気楽に使えるのが、「同感」の良いところです。

実際にコーチにしごかれる頻度や内容、それぞれの実力、感情の大きさは、それぞれ違っていても、「おおむね同じ方向」なら、良いのです。

スポコン漫画の古典「エースをねらえ!」では、なぜか格別に鬼コーチにしごかれる主人公と、その他の部員として適度な指導を受ける親友との、友情が描かれます。

しごかれた後に泣く主人公を、親友はずっと慰め、励まし続け、主人公の気持ちに寄り添います。

親友自身はしごかれていないので、「同じ体験で、同じ悲しみを抱く、共感」ではありません。

主人公と同じ量のトレーニングを強いられてはいないので、「共有」でも「共鳴」でもありません。

ただ、同じグラウンドで鬼コーチの振る舞いを目の当たりにし、苦しむ主人公を見守り続け、ひたすら味方であり続ける、懐の広さが「同感」なのです。

違いを整理しよう!

・共感

同じ出来事に対して同じ感情を抱く。

きっかけ・量・形に差が無い。

 

・共有

一つの物を分かち合う。

分かち合うことで、量が減ることもある。

 

・共鳴

他人の考えや行動に同感する。

気持ちだけでなく、行動までつられてしまう様な状態。

信念を持った、責任感ある同感。

 

・同感

同じような感情を抱くこと。

きっかけ・量・形に差があっても良い。

無責任だが、懐の広い同感。

まとめ

沢山の類義語の中で、「共感」だけは、かなり限定的な内容でした。

相手と同じ気持ちになる「共感力」、身につけていきたいものですね。

-雑学