毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

レジャー

一人ボルダリングに行く方法!3つのアドバイスで恥ずかしさを克服!

ボルダリング仲間と、時間がなかなか合わない。

まわりにボルダリングに興味がある人がいない。

一人でボルダリングジムに行きたいけれど、恥ずかしくて行けないという人はいませんか?

 

でも、恥ずかしがることはありませんよ!

今回はボルダリングのテクニックはさておき、一人でジムにいく恥ずかしさを克服するコツを紹介します!

友達や仲間と行く必要はない


私は基本、一人が好きです。

買い物、旅行、サイクリング、映画、コンサート。

さすがに「大勢でわいわい」が前提のバーベキューなどは無理ですが、一人で出来ることなら一人で行けます。

 

ボルダリングも同じです。

バスケットやサッカーとは違い、ボルダリングは一人でするスポーツ。

みんなでわいわいとジムに行く必要は、全くありません!

 

ちなみに私は、ボルダリングではありませんが、トランポリンのジムには一人で行きました。

トレーニング中は息も切れるし、結果的に一人で良かったと思います。

 

もちろん、みんなでジムに行くのも楽しいかもしれません。

でも一人なら自分の都合で予定を決められるし、体調によって予定を変更したってOK。

もしかしたら、一人で行くほうが集中できるということも。

一人でボルダリングに行くのには、メリットがいっぱいです。

 

まずは自分自身、「ボルダリングは一人のスポーツなのだから、一人で行ってもおかしくない」と思うことです。

普通のスポーツジムだって水泳だって、一人で行けますよね。

ボルダリングだって、それと同じだと思いませんか?

堂々とした態度が大事 

でもやっぱり慣れるまでは、「一人で行くのは恥ずかしい」と思ってしまうんですよね。

今では一人カラオケも普通に行くことができますが、最初に行くときには勇気が要りました。

「待ち合わせが13時だから、1時間半で」とか「友達が後からくるかも」とか、余計な言い訳をしたことも。

でも、それが恥ずかしさを倍増させるんです!

 

もう最初から、「一人で来ました」と開き直るのがベスト。

とくにボルダリングは、また同じジムを利用することになりますしね。

行く度に変なひと言を言うほうが不自然です。

 

一人でボルダリングジムにいく恥ずかしさを乗り越えるには、初めの一回目が大切です。

最初の一回、一人でも堂々とした態度で、思い切って行ってしまいましょう!

二回目からは恥ずかしい思いも、80%は下がると思いますよ。

一人で来ている人を見てみる

一人でボルダリングジムに来ている人、意外と多いって知っていますか?

今度ジムに行ったとき、まわりを見てみてください。

一人で来ている人、いると思います。

 

そして一人で来ているその人のことを見て、自分はどう思うかが大事なポイント。

「大して何も感じない」、というのが事実。

むしろ、「一人で来てるなんてカッコイイ」と思うのではないでしょうか。

そう、一人で来ていようが友達と来ていようが、まわりはそれほど気にしていないんです。

 

「一人で行くのが恥ずかしい」のは、自分自身が気にしているだけ。

「あの人、一人なんだ。ぼっちでかわいそう」と思われていると思ってしまうのは、こちらの勝手な被害妄想なのです。

一人ボルダリングで仲間を作ろう!

初めての一人ボルダリングを克服してしまえば、あとはこっちのもの!

間をあけずに二回目に行ってみましょう。

三回目に一人で行くときには、恥ずかしいと感じなくなっているはずです。

 

そうして一人でジムに行くことに慣れてくると、スタッフの人とも顔見知りに。

最初は挨拶程度かもしれませんが、そのうちテクニックや課題についても話せるようになるでしょう。

 

いつも同じ曜日や時間にジムに行くのなら、その時間帯にいつも顔を合わせる人もできてきます。

そういった常連さんとも、会話をする機会が増えてくるのでは。

一人ボルダリングは、同じ趣味を持つ友達を作るチャンスでもあります。

 

もうきっとその頃には「一人でジムに来るのが恥ずかしかった」なんてことは、忘れてしまっていることでしょう。

まとめ

・ボルダリングは一人のスポーツなのだから、一人で行くのは普通なこと

・一人で来たことに変な言い訳をしない

・一人で来ているクライマーを見て、自分がどう思うかを考える

・一人ボルダリングは交友関係を広げるチャンス

 

一人で行くのが恥ずかしいのは最初だけ。

慣れれば一人のほうが、気楽で楽しいかもしれませんよ。

それにただ恥ずかしいというだけで、趣味を我慢するなんてもったいないと思いませんか?

思い切って飛び出して、テクニックも交友関係も広げちゃいましょう!

-レジャー