毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

ファッション

ダウンコートとダウンジャケットの違いとは?ダウンの種類と特徴について

ダウンジャケットとダウンコートって、何が違うのか知っていますか?

普段は「ダウン」というひとことで済ませてしまっていますが、ダウンにもいろいろ種類があります。

おしゃれに敏感な友達や彼女の前で、間違った言い方はしたくないもの。

ダウンの種類の違いを、ちょっとした知識として頭に入れておきましょう。

ジャケットとコートでは何が違う?

ダウンジャケットとダウンコート、どちらも同じように思えますが、実はちょっと違います。

いったい何が違うのでしょうか。

 

ダウンジャケットとダウンコートには、「ダウン」という言葉がついていますね。

その「ダウン」という言葉を取ってみると、「ジャケット」と「コート」です。

「ジャケット」と「コート」だと、どういうイメージがしますか?

 

たぶん多くの人が、「ジャケット」は丈の短い上着を思い浮かべたのではないでしょうか。

対する「コート」は、丈が長いイメージでは。

そう、実はその通り。ダウンジャケットとダウンコートは、丈の長さが違うのです。

ジャケットとコートの丈の長さは?

ではダウンジャケットとダウンコートの具体的な丈の長さはというと。

 

ジャケットとは、腰が隠れるくらいの丈の上着のことを言います。

ベルトが隠れるくらいの丈ですね。

スーツの上着くらいの長さをイメージするとわかりやすいかも。

 

対するコートは、お尻が隠れるくらいの長さ。

Pコートとダッフルコートを思い浮かべてみてください。

どちらも長さは微妙に違うけど、お尻がすっぽり隠れるくらいの長さはありますね。

 

ダウンジャケットとダウンコートの丈の長さ、なんとなくつかめたでしょうか?

ジャケットとコートは着る季節も違う?

ダウンジャケットとダウンコートの違いがわかると、それぞれの活躍できる時期がわかってきます。

 

まだ寒くなり始めの11月からダウンコートを着始めるのは、なんだか早いような気もしませんか?

ダウンコートは丈が長い分、ダウンジャケットよりも温かいですからね。

冬の始まりや終わりには、見た目にもライトなダウンジャケットのほうが活躍しそうです。

 

もちろん真冬の寒い時期になれば、ダウンジャケットもダウンコートも大活躍。

ファッションやその日の天気に合わせて着こなすのも、冬のファッションの楽しみ方ですよね。

ジャケットやコート以外のダウンアイテム

ダウンはジャケットやコートのほかに、「ダウンベスト」というのがありますね。

袖がついていないので動きやすく、秋や春にも着られるので人気です。

 

ダウンベストは、コーディネート次第でおしゃれ度がぐんとアップするファッションアイテム。

まだ着たことがない人は、ぜひトライしてみて。

 

そして、足が隠れるくらい長いダウンを見かけたことはありませんか?

ロングダウンコートと呼んだり、ダウンベンチコートと呼んだりします。

ベンチコートとは、スポーツの選手がベンチに待機しているときに着ているコート。

ファッションで着るコートならロングダウンコート、スポーツ用ならロングベンチコートと呼び分けられそうです。

「ダウン」ではないものもある?

ダウンとは、詰め物に水鳥の胸に生えている羽毛のこと。

保温性に優れているので、ダウンを多く使用したアウターはとても暖かいのが長所です。

 

見た目がダウンでも、詰め物に綿を使った「中綿ジャケット」があります。

こちらはそもそも「ダウン」を使っていないため、ダウンとは呼べないかもしれません。

ダウンという言葉を使うなら「ダウン風ジャケット」といったところでしょうか。

まとめ

・ダウンジャケットとダウンコートは丈の長さが違う

・ダウンジャケットは腰まで、ダウンコートはお尻が隠れる長さ

・ダウンジャケットのほうが長く活躍できる

・ダウンにはベストやベンチコートもある

・中綿を使用しているのは「ダウン風」

 

ファッションに関する知識が、ちょっとだけアップしたような気がしませんか?

これからは「ダウン」というひとことで済ませず、ダウンの種類によって言い分けてみてくださいね。


こんな記事も読まれています

-ファッション