毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

タイの危険な食べ物トップ3教えます!現地で食べちゃダメ!!

 

 

タイには絶対に食べないほうがいい「危険な食べ物」があるって、知っていますか?

食べてしまうと健康に危害を及ぼすだけでなく、タイの思い出まで台無しにしてしまうという破壊的食べ物です。

絶対に避けて通るためにも、その「危険な食べ物」についてきちんと知っておきましょう。

危険度ナンバーワンはあの有名タイ料理!?

 

全体的に色が黒ずんでいます。黒い塊がカニです。

 

タイに住んでいる日本人に「絶対に食べないほうがいい、危険なタイ料理はなに?」と聞いたら、
10人中10人、同じ答えが返ってくるはず。

その誰でも知っている超危険なタイ料理とは、「ソムタム・プー」

ソムタム・プーはタイに住む日本人のみならず、現地タイ人でも危険と認識している最強の一品です。

 

この料理は、タイ料理でも有名なパパイヤサラダ、ソムタムのひとつ。

ソムタムは旨味と辛味の利いた、とてもおいしい青パパイヤのサラダです。

「有名なタイ料理なのに危険なの?」と思うでしょうが、ソムタム自体が危険なわけではありません。

 

普通のソムタムは、「ソムタム・タイ」と言います。

これは、食べても大丈夫。とてもおいしいので、タイに来たら是非食べてもらいたい一品です。

 

「ソムタム・プー」は、そのソムタム・タイになんと!

生のカニをつぶして入れるのです!

しかも、ただのカニじゃありませんよ!

沢蟹というと聞こえはいいですが、そのへんの田んぼで採れるカニらしいです。

この田んぼカニを、生のまますりつぶして風味を出す…

それはもう、とっても生臭いんです!

お昼に誰かが会社の食堂でソムタム・プーを食べようものなら、食堂に入る前から臭うくらい生臭い!

 

このソムタム・プーが大好きな人は、お腹を壊すと分かっているのに食べたくなるのだとか。

日本人が食べると、もっとひどい症状になることは確実です。

 

それにこのソムタム・プーには、寄生虫というおまけつき。

タイ人は数ヶ月に1度、虫下しを飲む人が多いそうですからね。

ソムタム・プーには決して手を出さないように!

 危険でも食べたくなる美味しい海老料理

 

私のまわりでも好きな人が多いのが、「クン・シェー・ナンプラー」。

生の海老を、ナンプラーベースの辛いタレでいただくというもの。

見た目、とてもおいしそうなんですよ。

 

でもタイの海老なんて火を通してあってもお腹を壊すことがあるのに、
それを生で食べるなんてハイリスク過ぎる!

 

私の会社の忘年会では、従業員が自分たちで料理を作ります。

その時に必ず出てくるのが、この「クン・シェー・ナンプラー」。

市場で買ってきた大量の海老を食堂で剥いて作るのですが…

クーラーのない暑い室内で海老を剥いている光景を見ると、ちょっと手が出ませんね。

 

でもこれ、本当においしいらしい。

海老の甘さとにんにくの利いたスパイシーなタレのが、絶妙な組み合わせなのだとか。

食べてみたいという人は、回転のいいタイ料理店で食べてみてくださいね。

日本料理もタイでは危険な一品に

 

もうひとつ、タイ人に大人気の「スシ」にも注意。

スシはスシでも、お店で握ってくれるお寿司ではありません。

屋台で売っている、一口サイズの小さいスシです。

 

ネタは海老やサーモン、とびこに茎わかめ、たまご、カニカマなどなど。

小さくてかわいらしいし、小腹がすいた時にぴったり!なんて買ってしまわないで!

このスシ、猛暑の中ずっと、常温で売られているんですよ…

 

私の友達は、タイ人の彼女と一緒にこのスシを食べました。

タイ人の彼女はなんともありませんでしたが、日本人である私の友達は地獄を見たそうです。

 

タイ人のお腹と日本人のお腹は、免疫が違うのかも。

タイ人が食べているから大丈夫、なんてことはないので注意して!

まとめ

・危険度ナンバーワンはソムタム・プー

・クン・シェー・ナンプラーを食べるならレストランで

・常温で売られているスシは買わないように

 

タイで危険な食べ物は、主に生の食材や魚介類。

火が通してあったとしても、売られている場所や状況に注意しましょう。

タイ旅行を楽しい思い出にするためにも、危険な料理はなるべく避けてくださいね。

-食関連