毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

住まい

サボテンの育て方は結構むずかしい!?栄養の与え方には要注意!

気軽に育てられることから、おしゃれなインテリアとして大人気のサボテン。

そんなかわいらしいサボテン、毎日見ていると少しずつ成長しているのが分かります。

成長して変わっていく形も魅力的ですが、花を咲かせる姿も見てみたいですよね。

 

それにはやっぱり、栄養を与えることが大事。

ですがサボテンの栄養の与え方は、間違えると大変なことになってしまいます。

 

ポイントをしっかりと押さえて、サボテンを上手に育てましょう。

栄養をあげるタイミング

  

サボテンも人間と同じように、大きく元気に育つには栄養が必要です。

でもサボテンは見た目に反して、とてもデリケートな植物。

栄養の与え方や量を間違えると、元気をなくして枯れてしまう場合もあります。

 

サボテンに栄養を与えるときのポイント、その1。

タイミングに注意をすること。

 

栄養分は、いつでも好きなときにあげればいいというわけではありません。

サボテンには成長期と休眠期というのがあり、成長期は春と秋、休眠期は夏と冬になります。

栄養が必要なのは生長するとき。そう、春と秋です。

休眠期に栄養を与えると、根腐れを起こすので注意。

 

栄養を与えて元気にするか、元気を奪うか。

サボテンに栄養を与える時期は、とても重要なのです。

与える栄養の量も大事

 

サボテンに栄養を与えるときのポイントその2は、栄養の量です。

 

早く大きく成長させたいからといって、栄養を与えすぎることは厳禁!

人間はたくさん食べると太るだけですが、サボテンは根腐れを起こして枯れてしまう原因に。

 

デリケートなサボテンには、やさしく栄養を与えるのもポイント。

最初からたくさんあげすぎると、サボテンもびっくりしてしまいます。

最初は少なめに与えて、元気なようであれば少しずつ増やしてみましょう。

与えすぎないように様子を見ながら、自分のサボテンにちょうどいい量を見つけ出します。

 

栄養を与えた日にちと量をメモしておくといいですね。

肥料の種類と与え方

  

ではどんな肥料をあげればいいのかというと。

 

一番簡単なのは、園芸店でサボテン用の肥料を買って来ること。

量の目安なども記載されているでしょうし、安心して使える肥料です。

サボテン用が見つからないときは、観葉植物用でもかまいません。

 

肥料には大きく分けて、有機肥料、液体と固体の3つに分かれます。

 

液体の肥料は、お手軽なのがメリット。

水で薄めるタイプがほとんどなので、希釈濃度や使用方法をきっちり読んでから使用してください。

春と秋の成長期に、1ヶ月に2~3回与えるといいでしょう。

 

植え替えのときに、栄養分を入れるというのもひとつの手。

元の土に肥料を混ぜ込んでおくという方法です。

 

有機肥料でも固形肥料でもいいですが、少量で十分。

与えすぎは根腐れの原因になるので、両方使う必要はありません。

多肉植物またはサボテン用の土に、少し混ぜて使うくらいがベストです。

 

ただし、サボテンの植え替えにも時期があります。

植え替えもやっぱり、成長期の春か秋に行いましょう。

サボテンの元気がなくなったときは

 

栄養を与えた後にサボテンの元気がなくなった場合は、肥料やけの可能性があります。

そのときはまず、根の確認をしましょう。

 

根に黒く腐ってしまった部分がある場合は、かわいそうですが思い切って切り落としてください。

サボテンの手術ですね。

切り口を乾かしてから植え替え、当分の間は肥料を与えないようにします。

新しい土に変えてあげるのも忘れずに。

 

本当にデリケートなサボテンは、細菌にも強くありません。

根のカットに使用するハサミは、薬剤か熱処理で消毒を。

カットした根も消毒をしますが、乾くまで天日干しするのが一番簡単です。

 

元気がなくなったら、早めの対処が肝心です。

どんどん元気がなくなる前に、適切な手当てをしてあげてくださいね。

まとめ

・栄養を与える時期が大事

・与える量にも細心の注意を

・肥料の種類を上手に使い分ける

・元気がなくなったら早めの処置を

 

サボテンの強そうな見た目と内面のデリケートさのギャップに、ますます魅力を感じませんか?

上手に栄養を与えて、魅力的なサボテンの成長を思い切り楽しみましょう。

-住まい