毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

住まい

エアコンとこたつどっちが安い? 電気代を比較してみた!

 

肌も凍える寒い冬・・・

家の中ではあったかぬくぬく過ごしたいですよね。

でも暖房器具は電気消費が多く電気代も高め・・・

なんとか節約しながら温かくしたい!

エアコンの暖房と、こたつ。
どちらの電気代が高いのか、比較してみました^^

電気代の計算方法

暖房器具の電気代を計算する場合は、
以下の3つのデータが必要です。

①使用している暖房器具の暖房時の消費電力
エアコンを何時間使うか
③各電力会社の
電力使用量料金

①は暖房器具に型番などが記載されているところや、カタログに載っています
②は各家庭によって違うと思うので、任意の数字を入れてください
③契約している電力会社が1kWhあたりいくらかかるのか確認してください

 

①の暖房時の消費電力をA W(ワット)
②の使用時間をB h(時間)
③の電気使用量料金をC 円/kWh

として、以下の順番で計算すると電気代が算出できます。

(a)ABh=AB Wh

③の電気使用量料金の単位はkWh
k(キロ)つまり1,000ということなので、
(a)の答えに1,000で割ります。

(b)AB Wh÷1000=AB/1,000kWh

これに電力使用料金をかけて

(c)AB/1000 kWh×C円/kWh=ABC/1,000円

となり、電気代が計算できます。

エアコンの電気代

これを踏まえて、一般的なエアコンの電気代を計算してみました。

①通販で売れ筋だったエアコンの消費電力→470W(暖房時)
②朝起きてから寝るまでの使用時間→16時間/日
③一般的な電気使用量料金→20円/kWh

で計算してみると・・・

1日あたりの電気代が 150.4円
1か月あたりの電気代が 150.4×30日=4,512円
半年当たりの電気代が 4,512×6=27,072円

となりました。

こたつの電気代

 

②と③だけ、エアコンと同じ条件で計算します。

①通販で売れ筋だったこたつの消費電力→600Wから200W
②朝起きてから寝るまでの使用時間→16時間
③一般的な電気使用量料金→20円/kWh

 

今回はサーモスタット機能付きのこたつを使用。
消費電力は600Wと表示されていますが、温度が一定まで上がると200Wまで下がります。
(計算では200Wを基準にします)
サーモスタット機能のついていないこたつはかなり電気代がかかってしまうので注意が必要です。

 

1日あたりの電気代が 64円
1か月あたりの電気代が 64×30日=1,920円
半年当たりの電気代が 1,920×6=11,520円

となりました。
エアコンの2分の1以上の安さになっていますね。

エアコンの電気代節約術

やはりお高くなってしまいがちなエアコン暖房・・・
でも部屋全体を暖めてくれるので重宝したいですよね。

少しでも電気代が安く済む
エアコンの節電方法をまとめました^^

 

①設定温度を下げる
 エアコンの温度設定は1℃下げるごとに5%の節電になると言われています。
例えば26℃から20℃に下げたら30%の節約になるんですね・・・!
設定温度は20℃程度に下げて、無駄な消費電力を少なくしましょう^^

②風向きは下向きに
 空気の性質として、冷たい空気は下に、温かい空気は上に流れるようになっています。
暖房の風を下向きにすることで、部屋の暖めを効率よくできます。

③まめにつけたり消したりは逆効果!
 エアコンが一番電気を消費するのは起動してから部屋を温めるまでの稼働時です。
部屋がある一定の温度に至ってからの持続運転では、温度を変えたりして
つけっぱなしでいる方が意外とお得orまめに消すのとそんなに大差がありません

④フィルター掃除をこまめにする
 フィルターの目がほこり等で詰まっていると、送風機能が低下し、
エアコンの温かい空気が外に送りにくくなります。
1か月に1~2回くらいの頻度でフィルターを水洗いや掃除機などで
こまめに掃除して、暖房効率を上げましょう。

電気代の安いこたつの選び方

前述でエアコンよりも電気代が圧倒的に安かったこたつですが、

搭載されている機能によってかかる電気代もかなり違ってきます。
電気代が安く済むこたつは何を見て選べばいいのでしょうか?

 

①サーモスタット方式を選ぶ
 今販売されているほとんどのこたつについている
サーモ機能(サーモスタット方式)ですが、
これがないとかなり電気代がかかってしまいます。

一定温度まで上がったら自動的に消費電力が下がる方式(機能です)

②フラットヒーター付きを選ぶ
 フラットヒータータイプとは、
こたつの天板の裏側にホットカーペットが装着されているもののことを言います。

天板の裏側全体がヒーターになるので、消費電力を約3割程度抑えることが可能です。

③カーボンヒーター付きを選ぶ
 カーボンヒーター付きのこたつは、遠赤外線効果がこたつの中で一番高く暖かいタイプ。
通常のハロゲンヒータータイプと比べると消費電力は半分で済みます

④人感センサー付きを選ぶ
 人感センサーが付いたこたつは、人が15分以上こたつに入っていないと認識すると自動で電源が切れる仕組みになっています。
電気代節約にもなりますが、消し忘れによる火事の予防にもなるので安心の機能ですね^^

まとめ

・エアコンよりこたつの方が2分の1以上電気代が安い
・エアコンも節電方法で安く快適に使おう
・こたつを買うときは機能面を重視して選ぼう

今回はこのような結果になりましたが、
ご家庭によって前提となる数字が違ってくると思いますので、
上記の計算式を参考にそれぞれの暖房器具の電気代を計算してみてくださいね^^

-住まい