毎日お役立ち情報局

暮らしや生活のお役立ち情報満載!

食関連

しょうゆ差しが詰まる原因はアミノ酸!? 詰まらなくなる対策法とは

食卓に置きっぱなしのしょうゆ差し。
いざ、小皿におしょうゆを注ごうとしたら詰まっていた、なんてこと、ありませんか?

ビシャビシャなおしょうゆが、何で詰まるの?
身体に悪いものなの? 詰まらせないためには、どうしたらいいの?

そんな疑問を一気に解決します。 

しょうゆ差しが詰まる原因とは?

しょうゆ差しを詰まらせる、こげ茶色のボソボソした塊。

これは、おしょうゆが乾いてできた、「おしょうゆの結晶」のようなものです。

 

おしょうゆは完璧な液体ですが、造る過程では、実はあまり水分を加えていません。

また、材料は、麦味噌とほぼ同じ。発酵の力で、大豆や麦麹をドロドロに溶かして、造っています。

ポロポロの米麹が、トロリとした甘酒に変わるのと同じです。

おしょうゆは、塩分とうま味成分がぎゅっと詰まった、とっても濃い液体なのです。

しょうゆ差しの口は、常にしょうゆが付着していて、室内の空気に晒された場所。

濃く溶いた水彩絵の具が、パレットの上ですぐ乾いてしまうように、
おしょうゆもまた、しょうゆ差しというパレットで乾き、固まってしまうのです。

 

しょうゆ差しの口を塞ぐ、あの塊は、おしょうゆに含まれる塩やアミノ酸が結晶化したもの。
口にしても身体に害があるわけではありませんが、酸化しきっているので、嫌な雑味があり、当然、ものすごくしょっぱいです。

 

さて、しょうゆ差しの詰まりを防ぐには、どうしたらいいでしょうか。

小さなしょうゆ差しに換える!

おしょうゆが、長時間、空気に晒されるのが、結晶化の原因です。
食卓にしょうゆ差しを常備しているライフスタイルでは、避けようがありません。

一日で使いきれる程度のおしょうゆだけを食卓に出す
というのが、一番シンプルな防止策です。

家族全員が小皿におしょうゆを取って、ちょっと余る程度のサイズが、理想的。
毎回、中身を使いきって、洗って仕舞えば、おしょうゆの酸化も少ないので、美味しさ長持ち。一挙両得です。

さすがにそこまでは……。おしょうゆを使う量にバラつきがあるし……。

という場合は、しょうゆ差しを食卓に放置せず、冷蔵庫にしまうのがおすすめです。

おかずの味付けがバライティ豊かな現代、毎日毎食、おしょうゆをかけたいメニューになることもありません。

パン派の朝、クリスマスの夕べ、外食の日には、しょうゆ差しを冷蔵庫で休ませてあげましょう。

しょうゆ差しにフタをする

しょうゆ差しの小さな口でも、空気から見れば出入り自由で、フタが無いのと同じことです。

また、張力で、ほんの少しの滴が口先に取り残されがちなのも、乾いて詰まってしまう原因の一つです。

ラップと輪ゴムを駆使してカバーをかけたり、
しょうゆ差しごとタッパーに入れて密封したり、キチンとフタができるしょうゆ差しを探したり……。

しょうゆ差しを使わないという選択

最近は、「生しょうゆ」「鮮度の一滴」など、おしょうゆが少しずつしか出てこない仕組みのパッケージがあります。

注ぎ口が圧力調整弁のようになっていて、手で握ると、おしょうゆが押し出されてくる、というものです。

本来の商品の売りは、「容器内に空気が入らないので、おしょうゆが酸化しない」というものですが、
イコール、「おしょうゆが乾かない」機能でもあるのです。

手で握る力加減を間違えると、出し過ぎてしまったり、
思いのほか遠くへ滴が飛んでしまったりするので、小さなお子様にはちょっと危険ですが。

 

普通のボトル入りのおしょうゆでも、軽くて扱いやすいサイズなら、
わざわざしょうゆ差しに入れ替えなくても、なんとかなるものです。

ティースプーンで受けるようにして慎重に注げば、少しずつ取り分けることができます。
「どのくらいおしょうゆをかけているか」目に見えて分かるので、減塩の第一歩にも役立ちます。

 

また、50cc程度の小さなボトル入りのおしょうゆも販売されています。
お弁当向けにパウチされたものも、塩分量の管理がしやすくて良いかもしれません。

まとめ

・おしょうゆは意外と濃い液体。乾きやすいものと心得ましょう。

・詰まりの原因になるポロポロは、塩やアミノ酸の結晶。害は無いが、酸化が進んでいて美味しくない。

・おしょうゆは、使い切る量だけ食卓に出し、しょうゆ差しを毎回洗う。

・しょうゆ差しを冷蔵庫保管する。

・しょうゆ差しの口もフタをする。

・おしょうゆは、圧力調整弁式のパッケージ商品を買い、しょうゆ差しを使わない。

・お弁当用など、一食ごとにパウチしたおしょうゆを使う。

-食関連